不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H25 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 組合が施行する土地区画整理事業に係る施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者は、すべてその組合の組合員となる。

ロ. 土地区画整理事業は、必ずその都市計画事業として施行される。

ハ. 組合の総会においては、あらかじめ通知した会議の目的である事項以外は、議決することはできない。

ニ. 組合の理事は、組合員以外の者のうちから選任することはできない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 土地区画整理法(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H25 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 施行地区(個人施行者の施行する土地区画整理事業に係るものを除く。)内の宅地についての所有者以外の権利で登記がないものを有する者は、当該権利の存する宅地の所有者若しくは当該権利の目的である権利を有する者と連署し、又は当該権利を証する書類を添えて、書面をもってその権利の種類及び内容を認可権者に申告しなければならない。

ロ. 施行者は、土地区画整理事業の施行のために必要がある場合においては、所有者に代わって土地の分割又は合併の手続きをすることができる。

ハ. 施行者は、日出前及び日没後においては、土地の占有者の承諾があった場合を除き、建築物が所在し、又はかき、さく等で囲まれた他人の占有する土地に立ち入ってはならない。

ニ. 個人施行者は、土地区画整理事業の施行の準備又は施行のために他人の占有する土地に立ち入って測量するときは、都道府県知事の認可を受ける必要がある。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハと二

「不動産鑑定士 過去問 【2013】 平成25年 土地区画整理法(土地区画整理事業)」の続きを読む…