不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法②(定義)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 施行地区とは、都市計画に定められた区域をいう。

ロ. 埋立又は干拓に関する事業があわせて行われる場合には、これらの事業は土地区画整理事業に含まれる。

ハ. 竹木の所有を目的とする地上権は、土地区画整理法上、「借地権」として扱われない。

ニ. 土地区画整理事業は、市街化区域内の土地について、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るために行われる土地の区画形質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業をいう。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法②(定義)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法(清算金)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 清算金を徴収する権利は、3年間行わない場合においては、時効により消滅する。

ロ. 清算金は、分割徴収することができるが、分割交付をすることはできない。

ハ. 組合は、清算金を滞納する者がいる場合は、定款で定めるところにより、督促手数料及び延滞金を徴収することができる。

ニ. 換地計画において定められた清算金は、換地処分があった旨の公告があった日の翌日に確定する。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハと二

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法(清算金)」の続きを読む…