不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H23 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 土地区画整理法に規定する「宅地」とは、公共施設の用に供されている土地以外の土地をいう。

ロ. 換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日の翌日から従前の宅地とみなされる。

ハ. 個人施行者は、施行地区を工区に分けることができない。

ニ. 施行者は、換地処分があった旨の公告があった場合においては、確定した清算金を徴収し、又は交付しなければならない。

  1. イとロ
  2. ロとニ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. イとロとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 土地区画整理法②(土地区画整理事業)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 土地区画整理法(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H23 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 土地区画整理組合は、土地区画整理事業の施行のために他人の占有する土地に立ち入って測量する必要がある場合において、当該土地の属する区域を管轄する都道府県知事の認可を受けたときは、他人の占有する土地に自ら立ち入ることができる。

ロ. 仮換地の指定は、必ずしも換地計画に基づくことを要しない。

ハ. 土地区画整理組合が、市町村に対し、滞納された賦課金の徴収を申請した場合、市町村長は地方税の滞納処分の例により滞納処分することとされている。

ニ. 利害関係者から換地計画に関する図書の閲覧の請求があった場合においては、施行者は、正当な理由がない限り、これを拒んではならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. すべて正しい
  5. 正しいものはない

「不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 土地区画整理法(土地区画整理事業)」の続きを読む…