不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 土地区画整理法② 問題

土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 土地区画整理事業の施行者は、仮換地の指定をされた宅地について所有権の移転があった場合には、新たな所有者に対し改めて仮換地の指定の通知をしなければならない。
  2. 仮換地を指定した場合において、従前の宅地に存する建築物を移転することが必要となったときは、建築物の所有者は、自ら移転することができない正当な理由がある場合を除き、これを移転しなければならない。
  3. 土地区画整理審議会の委員には、施行地区内の宅地の所有者又は借地権者以外の者から選任することができない。
  4. 土地区画整理組合の組合員は、賦課金の納付について、相殺をもって組合に対抗することができる。
  5. 土地区画整理事業の施行者は、換地処分を行う前であっても、仮換地を指定した場合において、必要があると認めるときは、仮に算出した仮清算金を、清算金の徴収又は交付の方法に準じる方法により徴収し、又は交付することができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法(土地区画整理組合)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業に係る施行地区内の宅地について使用し、又は収益することができる権利を有する者は、すべてその組合の組合員となる。

ロ. 土地区画整理組合を設立しようとする者又は土地区画整理組合については、都道府県知事及び市町村長に対し、土地区画整理事業の施行の準備又は施行のために、土地区画整理事業に関し専門的知識を有する職員の技術的援助を求めることができる。

ハ. 土地区画整理組合は、総会若しくはその部会又は総代会の同意を得なければ、仮換地を指定することができない。

ニ. 土地区画整理組合が解散した場合、その清算人は、組合の債務を弁済した後でなければ、その残余財産を処分することができない。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法(土地区画整理組合)」の続きを読む…