不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 土地区画整理法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H18 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 土地区画整理審議会は、事業計画、仮換地の指定及び換地計画に関する事項について、土地区画整理法に定める権限を行う。
  2. 土地区画整理事業の施行者は、仮換地の指定をされた宅地について所有権の移転があった場合には、新たな所有者に対し改めて仮換地の指定の通知をしなければならない。
  3. 個人施行者は、換地計画を定めようとする場合においては、その換地計画を2週間公衆の縦覧に供しなければならない。
  4. 仮換地の指定は、必ずしも換地計画に基づくことを要しない。
  5. 何人も換地計画に関する図書の閲覧の請求をすることができ、この場合においては、施行者は、正当な事由がないのに、これを拒んではならない。

「不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 土地区画整理法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 土地区画整理法(土地区画整理事業)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H18 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 土地区画整理事業を施行する者は、換地処分があった旨の公告がある日以前においては、公共施設に関する工事が完了した場合であっても、その公共施設を管理する者となるべき者にその管理を引き継ぐことはできない。
  2. 土地区画整理組合は、賦課金を滞納する者がある場合においては、督促状を発して督促し、その者がその督促状において指定した期限までに納付しないときは、都道府県知事に対し、その徴収を申請することができる。
  3. 都道府県又は市町村が都市計画事業として土地区画整理事業を施行しようとする場合においては、施行規程及び事業計画を定めなければならない。
  4. 都道府県知事は、土地区画整理審議会の委員の中から、土地又は建築物の評価について経験を有する者を、土地区画整理審議会の同意を得て、評価員に選任しなければならない。
  5. 施行者が都市再生機構であるときは、換地計画について国土交通大臣の認可を受けなければならない。

「不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 土地区画整理法(土地区画整理事業)」の続きを読む…