不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 土地区画整理法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H15 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 施行者は、仮換地を指定する場合においては、換地計画において定められた事項又は土地区画整理法に定める換地計画の決定の基準を考慮しなければならない。
  2. 換地を定める場合においては、不均衡が生ずると認められるときは、従前の宅地及び換地の位置、地籍、土質、水利、利用状況、環境等を総合的に考慮して、金銭により清算するものとする。
  3. 建築物の所有者が自ら建築物を移転した場合でも、施行者は通常生ずべき損失を補償しなければならない。
  4. 宅地の所有者から換地を定めないよう申出があったとしても、換地計画において、必ず換地を定めなければならない。
  5. 賦課金の額は、参加組合員以外の組合員が施行地区内に有する宅地又は借地の位置、地籍等を考慮して公平に定めなければならない。

「不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 土地区画整理法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 土地区画整理法(混合問題)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H15 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 仮換地を指定する際には、必ず換地計画を定める必要がある。
  2. 土地区画整理法に規定する借地権は、土地の賃借権のみで、例えば建物の所有を目的とする地上権であっても含まれない。
  3. 土地区画整理事業の目的は、公共施設の整備改善のみである。
  4. 利害関係者から事業計画や換地計画に関する図書の閲覧の請求があった場合においては、施行者は、正当な理由がないのに、これを拒んではならない。
  5. 土地区画整理事業の事業計画の縦覧において、利害関係者が意見書を提出する場合、どのような事由があっても、その提出期間が経過した後は受理することができない。

「不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 土地区画整理法(混合問題)」の続きを読む…