【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H20-30 土地の明渡請求

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H20-30 土地の明渡請求 問題

Aは、自己所有の土地につき、Bとの間で賃貸借契約を締結した(賃借権の登記は未了)。AがBにこの土地の引渡しをしようとしたところ、この契約の直後にCがAに無断でこの土地を占拠し、その後も資材置場として使用していることが明らかとなった。Cは明渡請求に応ずる様子もないため、AとBは、Cに対して次のア~オの法的対応を検討している。これらの対応のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものの組合せはどれか。

ア. Aが、Cの行為を不法行為として損害賠償請求をすること。

イ. Aが、自己の土地所有権に基づき土地明渡請求をすること。

ウ. Bが、自己の不動産賃借権に基づき土地明渡請求をすること。

エ. Bが、占有回収の訴えに基づき土地明渡請求をすること。

オ. Bが、AがCに対して行使することができる、所有権に基づく土地明渡請求権を代位行使すること。

  1. ア・イ・オ
  2. ア・ウ・エ
  3. イ・ウ・エ
  4. イ・エ・オ
  5. ウ・エ・オ

「【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H20-30 土地の明渡請求」の続きを読む…