宅建過去問【1999】 平成11年 問49 土地について 問題と解説

宅建過去問 H11 問49 土地について 問題

土地の地形に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔が疎となっている。
  2. 地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。
  3. 崖錐は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。
  4. 断層地形は、直線状の谷、滝その他の地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多い。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問49 土地について 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2003】 平成15年 問49 土地について 問題と解説

宅建過去問 H15 問49 土地について 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
  2. 断層は、ある面を境にして地層が上下又は水平方向にくい違っているものであるが、その周辺では地盤の強度が安定しているため、断層に沿った崩壊、地すべりが発生する危険性は低い。
  3. がけ崩れは、梅雨の時期や台風時の豪雨によって発生することが多く、がけに近接する住宅では日頃から降雨に対する注意が必要である。
  4. 地形図で見ると、急傾斜地は等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問49 土地について 問題と解説」の続きを読む…