宅建過去問【2007】 平成19年 問33 宅建業法(免許の種類/欠格要件) 問題と解説

宅建過去問 H19 問33 宅建業法(免許の種類/欠格要件) 問題

宅地建物取引業の免許(以下「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 甲県に本店を、乙県に支店をそれぞれ有するA社が、乙県の支店でのみ宅地建物取引業を営もうとするときは、A社は、乙県知事の免許を受けなければならない。
  2. 宅地建物取引業者B社の取締役が、刑法第209条(過失傷害)の罪により罰金の刑に処せられた場合、B社の免許は取り消される。
  3. 宅地建物取引業者C社が業務停止処分に違反したとして、免許を取り消され、その取消しの日から5年を経過していない場合、C社は免許を受けることができない。
  4. D社の取締役が、かつて破産宣告を受けたことがある場合で、復権を得てから5年を経過しないとき、D社は免許を受けることができない。

「宅建過去問【2007】 平成19年 問33 宅建業法(免許の種類/欠格要件) 問題と解説」の続きを読む…