宅建過去問【2013】 平成25年 問41 宅建業法(従業者名簿/帳簿) 問題と解説

宅建過去問 H25 問41 宅建業法(従業者名簿/帳簿) 問題

宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとにその業務に関する帳簿を備えなければならないが、当該帳簿の記載事項を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、必要に応じ当該事務所においてパソコンやプリンターを用いて紙面に印刷することが可能な環境を整えていたとしても、当該帳簿への記載に代えることができない。
  2. 宅地建物取引業者は、その主たる事務所に、宅地建物取引業者免許証を掲げなくともよいが、国土交通省令で定める標識を掲げなければならない。
  3. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあった月の翌月1日までに、一定の事項を記載しなければならない。
  4. 宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、従業者証明書を携帯させなければならないが、その者が宅地建物取引士で宅地建物取引士証を携帯していれば、従業者証明書は携帯させなくてもよい。

「宅建過去問【2013】 平成25年 問41 宅建業法(従業者名簿/帳簿) 問題と解説」の続きを読む…