宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題と解説

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題

不動産の表示に関する登記に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 登記官は、表示に関する登記について、職権で登記しようとする場合に限り、当該不動産の表示に関する事項を調査することができる。

ロ. 表題部所有者又は所有権の登記名義人が表示に関する登記の申請人となることができる場合において、当該表題部所有者又は登記名義人について相続があったときは、相続人は,当該表示に関する登記を申請することができない。

ハ. 新築した建物又は区分建物以外の表題登記がない建物の所有権を取得した者は,その所有権の取得の日から1月以内に,表題登記を申請しなければならない。

ニ. 地目が相互に異なる土地については、表題部所有者又は所有権の登記名義人が同一であっても、合筆の登記をすることができない。

ホ. 所有権の登記以外の権利に関する登記がある土地については、分筆の登記をすることができない。

  1. イとロ
  2. イとホ
  3. ロとニ
  4. ハとニ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1999】 平成11年 問11 不動産登記法(合筆登記) 問題と解説

宅建過去問 H11 問11 不動産登記法(合筆登記) 問題

土地の合筆の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか

  1. 所有権の登記がある土地と所有権の登記がない土地を合併する合筆の登記をすることはできない。
  2. 地目が田である土地と地目が宅地である土地を合併する合筆の登記をすることはできない。
  3. 所有権の登記名義人が異なる土地を合併して共有地とする合筆の登記をすることはできない。
  4. 承役地である地役権の登記がある土地と地役権の登記がない土地を合併する合筆の登記をすることはできない。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問11 不動産登記法(合筆登記) 問題と解説」の続きを読む…