宅建過去問【2017年】 平成29年 問2 民法(所有権の移転,取得) 問題と解説

平成29年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H29年 問2 民法(所有権の移転,取得) 問題

所有権の移転又は取得に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. Aの所有する甲土地を Bが時効取得した場合、 Bが甲土地の所有権を取得するのは、取得時効の完成時である。
  2. Aを売主、 Bを買主として Cの所有する乙建物の売買契約が締結された場合、 BがAの無権利について善意無過失であれば、 AB間で売買契約が成立した時点で、 Bは乙建物の所有権を取得する。
  3. Aを売主、 Bを買主として、丙土地の売買契約が締結され、代金の完済までは丙土地の所有権は移転しないとの特約が付された場合であっても、当該売買契約締結の時点で丙土地の所有権は Bに移転する。
  4. AがBに丁土地を売却したが、 AがBの強迫を理由に売買契約を取り消した場合、了土地の所有権はAに復帰し、初めから Bに移転しなかったことになる。

「宅建過去問【2017年】 平成29年 問2 民法(所有権の移転,取得) 問題と解説」の続きを読む…