宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題

準防火地域内にある共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 住戸には、非常用の照明装置を設置しなくてもよい。
  2. 各戸の界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものであって、その構造を一定の遮音性能を有するものとしなければならない。
  3. 屋上に設ける看板は、その主要な部分を不燃材料で造り、又は覆わなければならない。
  4. 外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題

共同住宅の避難施設に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 屋内から屋外の避難階段に通ずる出口の戸の施錠装置について、屋内から鍵を用いることなく解錠できるものとしたが、解錠方法を表示しなかった。
  2. 屋内に設ける避難階段の窓その他の採光上有効な開口部のない階段室について、照明設備を設けたが、予備電源を備えなかった。
  3. 屋内に設ける避難階段の階段室の壁の室内に面する部分について、仕上げを不燃材料でしたが、その下地を不燃材料で造らなかった。
  4. 3階が避難階である場合、屋内に設ける遭難階段について、避難階まで直通としたが、地上まで直通としなかった。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題

共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 共同住宅の居室の天井の高さは、2.1m以上でなければならず、その高さは、室の床面から測り、一室で天井の高さの異なる部分がある場合においては、その一番低い部分の高さによるものとする。
  2. 共同住宅の居室に換気設備を設けない場合、その居室の床面積に対して1/20以上の換気のための窓その他の開口部を設けなければならない。
  3. 共同住宅の2階以上にあるバルコニーの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
  4. 共同住宅の居室で地階に設けるものは、壁及び床の防湿の措置その他の事項について、からぼりその他の空地に面する開口部を設ける等衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 地方公共団体は、条例で、出水による危険の著しい区域を災害危険区域として指定し、区域内における住居の用に供する建築物の建築に関する制限について定めることができる。

ロ. 住宅の居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、採光に有効な部分の面積が居室の床面積の7分の1以上としなければならない。

ハ. 高さ30メートルの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合においても、有効に避雷設備を設けなければならない。

ニ. 高さ30メートルの百貨店には、非常用の昇降機を設けなければならない。

ホ. 文化財保護法の規定により重要文化財として指定された建築物については、建築基準法の規定は適用されない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとハ
  4. ハとニ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H22-20 建築基準法(単体規定) 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 高さ20mを超える建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効な避雷設備を設けなければならない。
  2. 高さ70cmを超える階段の部分には手すりを設けなければならず、手すりが設けられていない側には、側壁又はこれに代わるものを設けなければならない。
  3. 共同住宅の地上階における居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、その採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して1/7以上としなければならない。
  4. 各階の床面積がそれぞれ150㎡の5階建ての共同住宅の1階部分の用途をカフェーに変更しようとするときは、建築主事又は指定確認検査機関による確認を受けなければならない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法②(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次のイからニまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 建築物の基礎、主要構造部等に用いるべき建築材料は、必ず、その品質について国土交通大臣の指定する日本工業規格又は日本農林規格に適合するものとしなければならない。

ロ. 2階建で延べ面積が100平方メートルの鉄骨造の建築物を建築しようとする場合、構造計算は必ずしも必要ではない。

ハ. 事務所の天井の高さは2.1メートル以上であれば足りるが、学校の天井の高さは3メートル以上でなければならない。

ニ. 便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならないが、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、必ず設けなければならないわけではない。

  1. 誤っているものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法②(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2008】 平成20年 建築基準法②(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H20 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならない。ただし、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、この限りでない。

ロ. エレベーターの駆動装置及び制御器は、地震その他の震動によって転倒又は移動しないようにしなければならない。

ハ. エスカレーターには、制動装置及び昇降口において踏段の昇降を停止させることができる装置を設けなければならない。

ニ. 非常用エレベーターには、かご内と中央管理室とを連絡する電話装置を設けなければならない。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. 4つ

「不動産鑑定士 過去問 【2008】 平成20年 建築基準法②(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2010】 平成22年 建築基準法(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H22 建築基準法 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 原則として、居室には、換気のための窓その他の関口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して20分の1以上としなければならない。

ロ. 原則として、高さが31メートルを超える建築物には、非常用の昇降機を設けなければならない。

ハ. 下水道が整備された区域である下水道法第2条第8号に規定する処理区域内に建築物を建築するときは、水洗便所以外の便所を設けてはならない。
【参照条文】下水道法(抄)
(用語の定義)
第2条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
八. 処理区域排水区域のうち排除された下水を終末処理場により処理することができる地域で、第9条第2項において準用する同条第1項の規定により公示された区域をいう。

ニ. 原則として、住宅の居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、その採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して7分の1以上としなければならない。

ホ. 原則として、高さが20メートルを超える建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2010】 平成22年 建築基準法(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 建築基準法④(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H23 建築基準法④ 問題

建築基準法に関する次のイから二までの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 原則として、建築物の高さ31メートル以下の部分にある3階以上の階には非常用の進入口を設けなければなら。

ロ. 劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂又は集会場の客用に供する屋外への出口の戸は、内開きとしてはならない。

ハ. 2階以上の階にあるバルコニーの周囲には、安全上必要な高さが1.1メートル以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。

ニ. 住宅の天井の高さは、室の床面から測り、1室の平均が2.1メートル以上でなければならない。

  1. イとハ
  2. ロと二
  3. イとロとハ
  4. ロとハと二
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2011】 平成23年 建築基準法④(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法②(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 敷地内の排水に支障がない場合又は建築物の用途により防湿の必要がない場合を除いて、建築物の敷地は、これに接する道の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。
  2. 高さ15メートルの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  3. 避難階段から屋外に通ずる出口に設ける戸の施錠装置は、特定の建築物である場合を除いて、屋内から鍵を用いることがなく解錠できるものとし、かつ、当該戸の近くの見やす場所にその解錠方法を表示しなけれなならない。
  4. 共同住宅の住戸の床面積の合計が100平方メートルを超える階における共用廊下について、当該廊下の両側に居室がある場合と片側のみに居室がある場合で、求められる廊下の幅の最低基準値は異なる。
  5. 階段に代えて傾斜路を設ける場合、表面を粗面又はすべりにくい材料で仕上げなければならい。

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法②(単体規定)」の続きを読む…