宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題

市街化区域及び市街化調整区域に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 都市計画区域については、必ず市街化区域と市街化調整区域との区分を定めるものとされている。
  2. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。
  3. 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とされている。
  4. 市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとされ、市街化調整区域については、原則として用途地域を定めないものとされている。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2005】 平成17年 問19 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H17 問19 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときに、都市計画に定める市街化区域と市街化調整区域との区分をいう。
  2. 準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の住居その他の建築物の建築又はその敷地の造成が現に行われ、又は行われると見込まれる一定の区域で、そのまま土地利用を整序することなく放置すれば、将来における都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる区域をいう。
  3. 再開発等促進区は、地区計画について土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の増進とを図るため、一体的かつ総合的な市街地の再開発又は開発整備を実施すべき区域をいう。
  4. 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途を適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域等において定められる地区をいう。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問19 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

都市計画法(都市計画区域,準都市計画区域,区域区分,都市施設)

WS000000本日は、都市計画法です。

→都市計画法地域地区、地区計画についてはこちら

都市計画法は、法令の制限の分野において
重要法令の一角をなしています。

都市計画法を勉強するに当たっては、
聞きなれない言葉にごまかせれないで、
イメージをもって、勉強するようにしてください。 「都市計画法(都市計画区域,準都市計画区域,区域区分,都市施設)」の続きを読む…