宅建過去問【1994】 平成6年 問15 不動産登記法 問題と解説

宅建過去問 H6 問15 不動産登記法 問題

不動産の登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 所有権の登記のある土地について合筆の登記を申請する場合、申請情報と併せて提供すべき登記識別情報は、合筆前の土地のいずれか1筆のもので足りる。
  2. 抵当権設定の登記のある土地の分筆の登記を申請する場合、抵当権者の分筆に関する承諾を証する情報又はその者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を、申請情報と併せて提供しなければならない。
  3. 抵当権設定の登記のある2個の建物については、その抵当権設定登記の登記原因、その日付、登記の目的及び受付番号が同じであっても、合併の登記をすることができない。
  4. 建物の分割の登記は、表題部に記載した所有者又は所有権の登記名義人の申請によるほか、登記官が職権ですることもできる。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問15 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2000】 平成12年 問15 不動産登記法(分筆の登記) 問題と解説

宅建過去問 H12 問15 不動産登記法(分筆の登記) 問題

土地の分筆の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 土地の分筆の登記の申請人は、所有権の登記名義人でなければならない。
  2. 土地の分筆の登記の申請書に記載する分割前の土地の地積は、登記簿上の地積と一致していなければならない。
  3. 抵当権の登記がある土地の分筆の登記を申請する場合において、分割後の数筆の土地にその抵当権が存続するときは、申請書に共同担保目録を添付しなければならない。
  4. 承役地についてする地役権の登記がある土地の分筆の登記を申請する場合において、分割後の土地の一部に地役権が存続するときは、申請書にこれを証する地役権者の情報及びその部分を示した図面を添付しなければならない。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問15 不動産登記法(分筆の登記) 問題と解説」の続きを読む…