宅建過去問【2000】 平成12年 問21 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H12 問21 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 個人施行者について、施行者以外の者への相続、合併その他の一般承継があった場合においては、その一般承継者は、施行者となる。
  2. 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業は、市街化調整区域内において施行されることはない。
  3. 市町村が施行する土地区画整理事業については、事業ごとに土地区画整理審議会が置かれる。
  4. 都道府県が施行する土地区画整理事業は、すべて都市計画事業として施行される。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問21 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…