宅建過去問【1996】 平成8年 問27 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H8 問27 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業の施行地区において仮換地の指定がされた場合に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 仮換地の指定を受けて、その使用収益をすることができる者が、当該仮換地上で行う建築物の新築については、都道府県知事の許可が必要となる場合はない。
  2. 従前の宅地の所有者は、仮換地の指定により従前の宅地に抵当権を設定することはできなくなり、当該仮換地について抵当権を設定することができる。
  3. 従前の宅地の所有者は、換地処分の公告がある日までの間において、当該宅地を売却することができ、その場合の所有権移転登記は、従前の宅地について行うこととなる。
  4. 仮換地の指定を受けた者は、その使用収益を開始できる日が仮換地指定の効力発生日と別に定められている場合、その使用収益を開始できる日まで従前の宅地を使用収益することができる。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問27 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2002】 平成14年 問22 土地区画整理法(仮換地) 問題と解説

宅建過去問 H14 問22 土地区画整理法(仮換地) 問題

土地区画整理事業の仮換地の指定に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 施行者は、仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときは、その仮換地について使用又は収益を開始することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定めることができる。
  2. 仮換地となるべき土地について質権や抵当権を有する者があるときは、これらの者に仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生の日を通知しなければならない。
  3. 土地区画整理組合が仮換地を指定した場合において、当該処分によって使用し又は収益することができる者のなくなった従前の宅地については、換地処分の公告がある日までは、当該宅地の存する市町村がこれを管理する。
  4. 土地区画整理組合は、仮換地を指定しようとする場合においては、あらかじめ、その指定について、土地区画整理審議会の意見を聴かなければならない。

「宅建過去問【2002】 平成14年 問22 土地区画整理法(仮換地) 問題と解説」の続きを読む…

土地区画整理法

WS000003

宅建試験においては、土地区画整理法から1問は
出題がありますが、

結構複雑な法律ですので、あまり深入りせずに、
「仮換地」と「換地処分」等の用語をしっかり押さえて

過去問を中心に知識を広げていく方がいいと思います。
ここでは、基本的な事項のみを 説明しておきます。

「土地区画整理法」の続きを読む…