不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 農地法 問題

農地法による農地(農地法第73条の適用があるものを除く。)の賃貸借(農地を農地以外のものにするためのものを除く。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 農地の賃貸借は、その登記がなくても、農地の引渡しがあれば、これをもってその後にその農地を買い受けた第三者に対抗することができる。

ロ. 農地の賃貸借契約は、賃借入の申出によらない限り、解約することができない。

ハ. 農地を無償で貸している場合には、期間満了とともに、許可を得ることなく契約を終了することができる。

ニ. あらかじめ都道府県知事や農業委員会に届出をした場合には、農地法の許可を受けずに行った農地の賃貸借であっても効力が発生する。

ホ. 農業経営基盤強化促進法第四条の規定による公告があった農用地利用集積計画の定めるところによって設定された賃借権について、期間満了とともに、その契約を終了する場合には、当事者はその期間満了の前の一定期間中に更新しない旨の通知をする必要がある。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 農地法」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 不動産登記法(表示登記)

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 不動産登記法 問題

不動産の表示に関する登記についての次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 土地の表題登記を申請する場合には、添付情報として地積測量図は提供する必要はないが、土地所在図は登記所に提供しなければならない。

ロ. 登記官は、不動産の表示に関する事項を調査する場合において、関係者からその身分を示す証明書の提示の請求があったときは、これを提示しなくてはならない。

ハ. 表題部所有者又は所有権の登記名義人が相互に異なる土地の合筆の登記は、一方の表題部所有者又は所有権の登記名義人の同意があってもすることができない。

ニ. 区分建物を新築した場合において、その所有者について相続その他の一般承継があったときは、相続人その他の一般承継人は、被承継人を表題部所有者とする当該建物についての表題登記を申請しなければならない。

ホ. 表題部所有者の氏名又は住所に変更があった場合には、表題部所有者は、その変更のあった日から1月以内に当該変更の登記をしなければならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 不動産登記法(表示登記)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 土地区画整理法② 問題

土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 土地区画整理事業の施行者は、仮換地の指定をされた宅地について所有権の移転があった場合には、新たな所有者に対し改めて仮換地の指定の通知をしなければならない。
  2. 仮換地を指定した場合において、従前の宅地に存する建築物を移転することが必要となったときは、建築物の所有者は、自ら移転することができない正当な理由がある場合を除き、これを移転しなければならない。
  3. 土地区画整理審議会の委員には、施行地区内の宅地の所有者又は借地権者以外の者から選任することができない。
  4. 土地区画整理組合の組合員は、賦課金の納付について、相殺をもって組合に対抗することができる。
  5. 土地区画整理事業の施行者は、換地処分を行う前であっても、仮換地を指定した場合において、必要があると認めるときは、仮に算出した仮清算金を、清算金の徴収又は交付の方法に準じる方法により徴収し、又は交付することができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法(土地区画整理組合)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業に係る施行地区内の宅地について使用し、又は収益することができる権利を有する者は、すべてその組合の組合員となる。

ロ. 土地区画整理組合を設立しようとする者又は土地区画整理組合については、都道府県知事及び市町村長に対し、土地区画整理事業の施行の準備又は施行のために、土地区画整理事業に関し専門的知識を有する職員の技術的援助を求めることができる。

ハ. 土地区画整理組合は、総会若しくはその部会又は総代会の同意を得なければ、仮換地を指定することができない。

ニ. 土地区画整理組合が解散した場合、その清算人は、組合の債務を弁済した後でなければ、その残余財産を処分することができない。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 土地区画整理法(土地区画整理組合)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法⑥(建ぺい率の緩和)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法⑥ 問題

下図のような敷地A及び敷地Bに建築物を建築する場合における当該建築物の建ぺい率に関する次のイからホまでの記述のうち、建築基準法の規定によれば正しいものの組み合わせはどれか。ただし、下記以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

WS000001

道路α:幅員4メートル
道路β:幅員6メートル

【敷地A】

  • 近隣商業地域かつ防火地域内で、街区の角にある敷地として、特定行政庁の指定を受けた角地
  • 都市計画に定められた建ぺい率の最高限度は60%

【敷地B】

  • 第一種住居地域かつ防火地域内で、街区の角にある敷地として、特定行政庁の指定を受けていない敷地
  • 都市計画に定められた建ぺい率の最高限度は50%

イ. 敷地Aに準耐火建築物であるホテルを建築する場合、建ペい率の最高限度は70%となる。

ロ. 敷地Aに耐火建築物である病院を建築する場合、建ぺい率の最高限度は適用除外となる。

ハ. 敷地Bに準耐火建築物である老人ホームを建築する場合、建ぺい率の最高限度は60%となる。

ニ. 敷地Bに耐火建築物である巡査派出所を建築する場合、建ぺい率制限は適用除外となる。

ホ. 敷地Bに耐火建築物である教会を建築する場合、建ぺい率の最高限度は70%となる。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとハ
  4. ロとホ
  5. ハとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法⑥(建ぺい率の緩和)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法⑤(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法⑤ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 景観法第四条第1項の規定により景観重要建造物として指定された建築物のうち、一定のものについては、特定行政庁の許可により法第43条に定めるいわゆる接道義務を緩和することができる。

ロ. 敷地内に広い空地を有する建築物の容積率の特例として特定行政庁が許可したものは、その許可の範囲内において、都市計画で定められた数値の限度を超えるものとすることができる。

ハ. 認可の公告があった建築協定であっても、その公告のあった日以後において当該建築協定区域内の土地の所有者等となった者に対しては、その者の合意がなければ効力を有しない。

ニ. 特定街区に関する都市計画において建築物の高さの最高限度が定められている区域内においては、法第56条第1項第1号の規定によるいわゆる道路斜線制限は適用されない。

ホ. 高架の工作物内に設ける建築物で特定行政庁が周囲の状況により交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものについては、法第56条の2の規定による日影による中高層の建築物の高さの制限は適用されない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法⑤(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法④(集団規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法④ 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。ただし、イ及びロについて、特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

イ. 工業専用地域においては、床面積にかかわらず住宅を建築することができない。

ロ. 第一種住居地域においては、床面積にかかわらず旅館を建築することができない。

ハ. 準工業地域において、ごみ焼却場を建築しようとする場合には、都市計画による敷地の位置の決定があれば新築可能である。

ニ. 第二種低層住居専用地域内において都市計画で外壁の後退距離を定める場合、その限度は2メートル又は1.5メートルである。

ホ. 第一種住居専用地域内においては、高さ12メートルを超える建築物を建築することはできない。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. 4つ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法④(集団規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法③(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法③ 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 市街地に災害のあった場合において、都市計画又は土地区画整理法による土地区画整理事業のため必要があるときは、特定行政庁は、区域を指定し、災害が発生した日から一定の期間を限り、その区域内における建築物の建築を制限し、又は禁止することができる。
  2. 建築工事の施工者は、当該工事現場の見やすい場所に、建築主、設計者、工事施工者及び工事の現場管理者の氏名又は名称、並びに当該工事に係る建築確認があった旨の表示をしなければならない。
  3. 建築確認を要する工事の施工者は、当該工事の施工に伴う地盤の崩落、建築物又は工事用の工作物の倒壊等による危害を防止するために必要な措置を講じなければならない。
  4. 建築主事の建築確認に不服がある者は、当該建築確認に係る建築物について建築確認をする権限を有する建築主事が置かれた市町村又は都道府県の建築審査会に対して審査請求しなければならず、直ちに行政訴訟で争うことはできない。
  5. 特定行政庁又は建築監視員は、建築基準法令に違反していることが明らかな建築工事中の建築物については、発見次第、直ちに当該建築工事の停止を命ずることができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法③(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法②(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次のイからニまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 建築物の基礎、主要構造部等に用いるべき建築材料は、必ず、その品質について国土交通大臣の指定する日本工業規格又は日本農林規格に適合するものとしなければならない。

ロ. 2階建で延べ面積が100平方メートルの鉄骨造の建築物を建築しようとする場合、構造計算は必ずしも必要ではない。

ハ. 事務所の天井の高さは2.1メートル以上であれば足りるが、学校の天井の高さは3メートル以上でなければならない。

ニ. 便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならないが、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、必ず設けなければならないわけではない。

  1. 誤っているものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法②(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 建築基準法 問題

建築基準法に関する次のイからニまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 居室には、換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、10分の1以上としなければならない。

ロ. 建築物に設ける昇降機は、安全な構造で、かつ、その昇降路の周壁及び関口部は、防火上支障がない構造でなければならない。

ハ. 建築物の敷地は、いかなる場合であっても、これに接する道の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。

ニ. 高さが60メートルを超える建築物の構造方法は、耐久性等関係規定に適合し、かつ、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって安全性が確かめられたものとして必ず国土交通大臣の認定を受けたものとしなければならない。

  1. 誤っているものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 建築基準法(混合問題)」の続きを読む…