宅建過去問【2017年】 平成29年 問10 民法(不動産質権と抵当権) 問題と解説

平成29年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H29年 問10 民法(不動産質権と抵当権) 問題

①不動産質権と②抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. ①では、被担保債権の利息のうち、満期となった最後の2年分についてのみ担保されるが、②では、設定行為に別段の定めがない限り、被担保債権の利息は担保されない。
  2. ①は、10年を超える存続期間を定めたときであっても、その期間は10年となるのに対し、②は、存続期間に関する制限はない。
  3. ①は、目的物の引渡しが効力の発生要件であるのに対し、②は、目的物の引渡しは効力の発生要件ではない。
  4. ①も②も不動産に関する物権であり、登記を備えなければ第三者に対抗することができない。

「宅建過去問【2017年】 平成29年 問10 民法(不動産質権と抵当権) 問題と解説」の続きを読む…