宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-22 不動産登記法 問題と解説

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H29-22 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 同一の不動産に対し二以上の申請がされた場合において、その前後が明らかでないときは、これらの申請は、同時にされたものとみなす。
  2. 所有権の登記の抹消は、所有権の移転の登記がある場合であっても、所有権の登記名義人が単独で申請することができる。
  3. 登記官の処分に不服がある者は、当該登記官を監督する法務局又は地方法務局の長に審査請求をすることができる。
  4. 何人も、登記官に対し、手数料を納付して、登記簿の附属書類として保存されている地積測量図の閲覧を請求することができる。
  5. 採石法に規定する採石権は登記することができる。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-22 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…