不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 不動産登記法(混合問題)

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式 H26 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 登記記録は、表題部及び権利部に区分して作成される。
  2. 権利に関する登記の申請は、法令に別段の定めがある場合を除き、登記権利者及び登記義務者が共同してしなければならい。
  3. 所有権の登記の抹消は、所有権移転の登記がない場合に限り、所有権の登記名義人が単独で申請することができる。
  4. 賃借権の登記において、賃借権の譲渡を許す旨の定めは、登記事項とすることができない。
  5. 要役地に所有権の登記がないときは、承役地に地役権の設定の登記をすることができない。

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 不動産登記法(混合問題)」の続きを読む…