不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 不動産登記法(表示登記)

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式 H15 不動産登記法 問題

土地又は建物の表示に関する登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建物の床面積は、各階ごとに、壁その他の区画の内側線(一棟の建物を区分した建物については、壁その他の区画の中心線)で囲まれた部分の水平投影面積により、平方メートルを単位として定めることとされている。
  2. 土地の地目や、建物の床面積に変更があった場合に、その登記がされないままに所有権の移転があったときは、新所有者は、自己のために所有権の登記がされた日から1か月内にその表示の変更の登記を申請する義務を負う。
  3. 付属建物は、主たる建物とは別棟の建物であっても、不動産登記法上、主たる建物と合わせて一個の建物として取り扱われる。
  4. 土地の地籍は、その土地の境界線を水平面上に投影したときの投影図の面積(水平投影面積)によって、平方メートルを単位として定めることとされている。
  5. 建物の構造とは、建物の物理的形態による区分のことであり、建物の主たる部分の構造材料、屋根の種類及び階数の3つの要素を組み合わせて定めることとされている。

「不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 不動産登記法(表示登記)」の続きを読む…