宅建過去問【1999】 平成11年 問12 不動産登記法(不動産登記の対象) 問題と解説

宅建過去問 H11 問12 不動産登記法(不動産登記の対象) 問題

不動産登記の対象に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地表面が水で覆われている土地であっても、私権の客体となり得る池沼・ため池は、土地の表示の登記をすることができる。
  2. 海面下に没する土地であっても、干潮時に陸地になる土地であれば、すべて土地の表示の登記をすることができる。
  3. 建物は、必ずしも土地に定着していることを要しないので、容易に運搬することができる切符売場・入場券売場も、建物の表示の登記をすることができる。
  4. 建築工事中の建物については、切組みを済ませ、降雨をしのぐことができる程度の屋根をふいたものであれば、周壁を有しなくても、建物の表示の登記をすることができる。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問12 不動産登記法(不動産登記の対象) 問題と解説」の続きを読む…