宅建過去問【1991】 平成3年 問11 民法(売主の担保責任) 問題と解説

宅建過去問 H3年 問11 民法(売主の担保責任) 問題

AがBからBの所有地を買い受ける契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、Aがその善意悪意に関係なく契約を解除することができるものは、どれか。

  1. その土地の一部が他人のものであって、BがAに権利を移転することができず、残りの土地だけではAが買うことができないとき。
  2. その土地の全部が他人のものであって、BがAに権利を移転することができないとき。
  3. その土地に隠れた瑕疵があり、契約の目的を達成することができないとき。
  4. その売買が実測面積を表示し、単価を乗じて価格が定められている場合において、その面積が著しく不足していたとき。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問11 民法(売主の担保責任) 問題と解説」の続きを読む…