宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題

市街化区域及び市街化調整区域に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 都市計画区域については、必ず市街化区域と市街化調整区域との区分を定めるものとされている。
  2. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域とされている。
  3. 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とされている。
  4. 市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとされ、市街化調整区域については、原則として用途地域を定めないものとされている。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H22-21 都市計画法(区域区分) 問題と解説」の続きを読む…