宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H18-15 民法(不法行為,使用者責任) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H18-15 民法(不法行為,使用者責任) 問題

Aが運転する営業用貨物自動車(Aの使用者Bの所有)とCが運転する自家用車が衝突し、Cの自家用車が甲マンションの塀を破損したことにより、100万円の損害が生じた。甲マンション管理組合の管理者Dは、事故の原因はAの一時停止違反とCの脇見運転であったとして損害賠償の請求をしようとしている。この場合に関する次の記述のうち、民法及び区分所有法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Bは、Dに対して100万円の賠償をした場合、Cに対して求償することができる。
  2. Cは、Dに対して100万円の賠償をした場合、Aに対して求償することはできないが、Bに対して求償することはできる。
  3. Dは、A、B及びCに対して、それぞれ100万円を損害賠償金として請求することができる。
  4. CD間で、Cが50万円をDに支払い、DがCに対しては残余の請求権を放棄することで和解した場合、Dは、残額の50万円について、Bに対して損害賠償の請求をすることができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H18-15 民法(不法行為,使用者責任) 問題と解説」の続きを読む…