宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H17-17 民法(共同不法行為) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H17-17 民法(共同不法行為) 問題

甲マンションの隣地の居住者Aは、甲マンションの一階で営業しているカラオケ店から漏れる音がうるさいので、店主に対して再三その改善の申入れをしたものの一向に改善されなかったため、知人のB、C及びD(18歳)をそそのかして、Bが見張りをしている間に、C及びDをしてカラオケ店の外壁に広範囲にわたりペンキで落書きをさせて甲マンションの区分所有者に損害を与えた。この場合のAないしDの当該区分所有者に対する不法行為責任に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、A、B及びCは、成年とする。

  1. Aは、騒音被害を受けていたとしても、Cと同様の損害賠償責任を負う。
  2. Bは、Cの損害賠償責任より軽減される。
  3. Cは、落書きをした範囲を問わず、損害の全額につき損害賠償を負う。
  4. Dは、Cと同様の損害賠償責任を負う。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H17-17 民法(共同不法行為) 問題と解説」の続きを読む…