宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題

共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 共同住宅の居室の天井の高さは、2.1m以上でなければならず、その高さは、室の床面から測り、一室で天井の高さの異なる部分がある場合においては、その一番低い部分の高さによるものとする。
  2. 共同住宅の居室に換気設備を設けない場合、その居室の床面積に対して1/20以上の換気のための窓その他の開口部を設けなければならない。
  3. 共同住宅の2階以上にあるバルコニーの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
  4. 共同住宅の居室で地階に設けるものは、壁及び床の防湿の措置その他の事項について、からぼりその他の空地に面する開口部を設ける等衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-20 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…