宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題

Aは、その子Bを代理人として、その所有するマンションの1室をCに売却することとした。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. AのBに対する代理権の付与は、書面によらなければ、することができない。
  2. Bが未成年者であっても、Aは、Bを代理人とすることができる。
  3. Aは、Bを代理人とした以上は、自らCと売買交渉をすることができない。
  4. AがBに売買価格を明示して授権したにもかかわらず、Bがその価格を下回る価格で売買契約の締結をした場合、当該売買契約は、効力を生じない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題と解説」の続きを読む…