宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H28-12 民法(共有) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H28-12 民法(共有) 問題

A、B及びCは、等しい持分の割合で、甲マンション201号室の区分所有権を共有している。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. AとBは、A、B及びCの間の協議に基づかずに201号室を単独で占有しているCに対し、AとBの持分の価格が201号室の価格の過半数を超えるからといって、当然に同室の明渡しを請求することはできない。
  2. Aが201号室の持分権を放棄した場合には、Aの持分権はBとC帰属し、同室はBとCの共有となる。
  3. Dが不法に201号室を占有している場合には、Bは、単独でDに対して同室の明渡しを請求することができる。
  4. A、B及びCが201号室をEに賃貸している場合において、Eとの賃貸借契約を解除するためには、A、B及びC全員が同意した上で、共同で解除の意思表示をする必要がある。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H28-12 民法(共有) 問題と解説」の続きを読む…