宅建過去問【2001】 平成13年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H13 問50 建物の知識 問題

建築材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。
  2. コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。
  3. 木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。
  4. 木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。

「宅建過去問【2001】 平成13年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2014】 平成26年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H26 問50 建物の知識 問題

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
  2. モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
  3. 骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
  4. コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問50 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…