宅建業者が受取れる報酬について【売買・交換編】

canvas本日の報酬についてのお話は、
皆さん興味がある内容ではないでしょうか?

試験でも出題頻度が多いですし、当然実務で報酬について
知らないという方は、まずいませんから、
しっかり勉強してください。

既に実務をやっている方は、確認の意味で見てください。

「宅建業者が受取れる報酬について【売買・交換編】」の続きを読む…

宅建業者が自ら売主となる場合の8つの制限について

canvasこれからお話する内容はズバリ!
「宅建業者自ら売主となる場合の8つの制限」です。

非常に本試験において出題が多いですので
必ず覚えなければならないと言うことです。

 

はじめに念のため言っておきますが、この8つの制限と言うのは、宅建業者が自ら売主で、
買主が宅建業者以外の者に限られる制限です。
「宅建業者が自ら売主となる場合の8つの制限について」の続きを読む…

【宅建業法】クーリング・オフについて

canvasクーリング・オフという言葉は、
1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

クーリング・オフを簡単に言えば、
商品について知識の乏しい買主に与えられた
「契約を解除する」権利と言うところでしょうか。

「【宅建業法】クーリング・オフについて」の続きを読む…

住宅瑕疵担保履行法

canvas本日の住宅瑕疵担保履行法は、
正式名称を「特定住宅瑕疵担保責任の
履行の確保等に関する法律」と言い、
平成21年10月より施行された法律です。

このため、宅建試験では、平成22年度より
試験科目に追加されていますが、

比較的、やさしいので確実に 1点を取るようにしてください。

「住宅瑕疵担保履行法」の続きを読む…

【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について

canvas本日は広告の規制と未完成物件の広告,契約の開始時期についてお話します。

広告については宅建業者に限らず、
どの業種でもある程度規制を受けます。

この広告の規制、宅建業界にとっては非常に
厳しく細かく規制されています。
「【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について」の続きを読む…

【宅建業法】重要事項説明の説明事項(35条書面記載事項)

canvas本日は、実際にあなたが宅建士になった場合に、どのようなことを、説明するのかを勉強していこうと思います。

今日お話しする内容は、丸暗記していただくのが理想的ではありますが、 丸暗記しなくても、あなたが重要事項を受ける側に立って見て、この物件に決めるために、その説明は重要か?

そこを考えれば、宅建試験は、十分正解が出せると思います。

では、見て行きましょう。
「【宅建業法】重要事項説明の説明事項(35条書面記載事項)」の続きを読む…