【宅建業法】クーリング・オフについて

canvasクーリング・オフという言葉は、
1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

クーリング・オフを簡単に言えば、
商品について知識の乏しい買主に与えられた
「契約を解除する」権利と言うところでしょうか。

「【宅建業法】クーリング・オフについて」の続きを読む…

住宅瑕疵担保履行法

canvas本日の住宅瑕疵担保履行法は、
正式名称を「特定住宅瑕疵担保責任の
履行の確保等に関する法律」と言い、
平成21年10月より施行された法律です。

このため、宅建試験では、平成22年度より
試験科目に追加されていますが、

比較的、やさしいので確実に 1点を取るようにしてください。

「住宅瑕疵担保履行法」の続きを読む…

【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について

canvas本日は広告の規制と未完成物件の広告,契約の開始時期についてお話します。

広告については宅建業者に限らず、
どの業種でもある程度規制を受けます。

この広告の規制、宅建業界にとっては非常に
厳しく細かく規制されています。
「【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について」の続きを読む…

【宅建業法】重要事項説明の説明事項(35条書面記載事項)

canvas本日は、実際にあなたが宅建士になった場合に、どのようなことを、説明するのかを勉強していこうと思います。

今日お話しする内容は、丸暗記していただくのが理想的ではありますが、 丸暗記しなくても、あなたが重要事項を受ける側に立って見て、この物件に決めるために、その説明は重要か?

そこを考えれば、宅建試験は、十分正解が出せると思います。

では、見て行きましょう。
「【宅建業法】重要事項説明の説明事項(35条書面記載事項)」の続きを読む…

【宅建業法】保証協会について

canvas前回お話しした、「営業保証金」を
積んで宅建業をはじめる宅建業者は、
実は、ほんの一握りです。

誰もが名前を知っている
企業ぐらいじゃないでしょうか?
(全体の何%とか、ごめんなさい
そこまで詳しくは知りません)

では、ほとんどの宅建業者は、どのようにしているかと言うのが
本日、お話しする「保証協会」と言うことになります。

「【宅建業法】保証協会について」の続きを読む…

【宅建業法】営業保証金について

canvas本日は営業保証金についてお話します。

営業保証金については、はっきり言って、実務ではほとんど関係ありません。

ですが、試験にはほぼ100%出題される箇所ですので押さえておかなくてはなりません。

でもあまり難しくありませんので、ご安心ください。 「【宅建業法】営業保証金について」の続きを読む…

宅地建物取引士(登録基準など)

canvas-300x257本日は、宅地建物取引士についてです。

平成27年度から、宅地建物取引主任者から
宅地建物取引士に名称が変わりました。

本ブログでも、取引主任者を宅建士へと
訂正を行っていますが、訂正できていない
箇所は、宅建士と読み替えてください。

名称が変わっただけで、その他については、
変更点がほぼございません。

「宅地建物取引士(登録基準など)」の続きを読む…