宅建過去問【1992】 平成4年 問4 民法(時効取得) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問4 民法(時効取得) 問題

AがBの所有地を長期間占有している場合の時効取得に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aが善意無過失で占有を開始し、所有の意思をもって、平穏かつ公然に7年間占有を続けた後、Cに3年間賃貸した場合、Aは、その土地の所有権を時効取得することはできない。
  2. Aが善意無過失で占有を開始し、所有の意思をもって、平穏かつ公然に7年間占有を続けた後、その土地がB所有のものであることを知った場合、Aは、その後3年間占有を続ければ、その土地の所有権を時効取得することができる。
  3. Aが善意無過失で占有を開始し、所有の意思をもって、平穏かつ公然に7年間占有を続けた後、BがDにその土地を売却し、所有権移転登記を完了してもAは、その後3年間占有を続ければ、その土地の所有権を時効取得し、Dに対抗することができる。
  4. Aが20年間平穏かつ公然に占有を続けた場合においても、その占有が賃借権に基づくもので所有の意思がないときは、Bが賃料を請求せず、Aが支払っていないとしても、Aは、その土地の所有権を時効取得することができない。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問4 民法(時効取得) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1992】 平成4年 問3 民法(無権代理) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問3 民法(無権代理) 問題

Aの所有する不動産について、Bが無断でAの委任状を作成して、Aの代理人と称して、善意無過失の第三者Cに売却し、所有権移転登記を終えた。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Cが善意無過失であるから、AC間の契約は、有効である。
  2. AC間の契約は有効であるが、Bが無断で行った契約であるからAは、取り消すことができる。
  3. Cは、AC間の契約を、Aが追認するまでは、取り消すことができる。
  4. AC間の契約は無効であるが、Aが追認をすれば、新たにAC間の契約がなされたものとみなされる。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問3 民法(無権代理) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1992】 平成4年 問2 民法(意思表示) 問題と解説

宅建過去問 H4年 問2 民法(意思表示) 問題

Aが未成年者Bに土地売却に関する代理権を与えたところ、Bは、Cにだまされて、善意のDと売買契約を締結したが、Aは、Bがだまされたことを知らなかった。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Aは、Bが未成年者で、法定代理人の同意を得ないで契約を締結したことを理由に、当該契約を取り消すことができる。
  2. Aは、自らがだまされたのではないから、契約を取り消すことができない。
  3. Aは、BがCにだまされたことを知らなかったのであるから、契約を取り消すことができる。
  4. CがBをだましたことをDが知らなかったのであるから、Aは、契約を取り消すことができない。

「宅建過去問【1992】 平成4年 問2 民法(意思表示) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-22 都市計画法(再開発等促進区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-22 都市計画法(再開発等促進区) 問題

再開発等促進区を都市計画に定める場合に必要とされる土地の区域の条件に該当しないものは、都市計画法の規定によれば、次のうちどれか。

  1. 現に土地の利用状況が著しく変化しつつあり、又は著しく変化することが確実であると見込まれる区域であること。
  2. 土地の合理的かつ健全な高度利用を図る上で必要となる適正な配置及び規模の公共施設が整備された区域であること。
  3. 当該区域内の土地の高度利用を図ることが、当該都市の機能の増進に貢献すること。
  4. 用途地域が定められている区域であること。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-22 都市計画法(再開発等促進区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-21 建築基準法(居室の衛生上の措置) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-21 建築基準法(居室の衛生上の措置) 問題

共同住宅の居室内における、建築基準法第28条の2に定める化学物質の発散に対する衛生上の措置(以下この問いにおいて「衛生上の措置」という。)に関する次の記述のうち、同法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 換気設備については、居室内において化学物質の発散による衛生上の支障が生じないよう、一定の技術的基準に適合するものとしなければならない。
  2. ホルムアルデヒドは、発散により衛生上の支障を生じさせるおそれのある化学物質とされている。
  3. 衛生上の措置の対象となる建築材料には、保温材及び断熱材は含まれない。
  4. 衛生上の措置を講ずべき共同住宅の居室には、月に数回しか使用されない集会室も含まれる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-21 建築基準法(居室の衛生上の措置) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題

準防火地域内にある共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 住戸には、非常用の照明装置を設置しなくてもよい。
  2. 各戸の界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものであって、その構造を一定の遮音性能を有するものとしなければならない。
  3. 屋上に設ける看板は、その主要な部分を不燃材料で造り、又は覆わなければならない。
  4. 外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-20 建築基準法(準防火地域内の共同住宅) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題

共同住宅の避難施設に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 屋内から屋外の避難階段に通ずる出口の戸の施錠装置について、屋内から鍵を用いることなく解錠できるものとしたが、解錠方法を表示しなかった。
  2. 屋内に設ける避難階段の窓その他の採光上有効な開口部のない階段室について、照明設備を設けたが、予備電源を備えなかった。
  3. 屋内に設ける避難階段の階段室の壁の室内に面する部分について、仕上げを不燃材料でしたが、その下地を不燃材料で造らなかった。
  4. 3階が避難階である場合、屋内に設ける遭難階段について、避難階まで直通としたが、地上まで直通としなかった。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H16-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 問題

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

  1. Aは、溢水の行為者ではないが、301号室の所有者として、Dに対して損害賠償責任を負う。
  2. Bは、Cの溢水行為が社宅内の出来事であるので、Cの使用者として、Dに対して損害賠償責任を負う。
  3. Bは、溢水の行為者ではないから、Aに対して損害賠償責任を負わない。
  4. Cは、未成年者であっても、A及びDに対して損害賠償責任を負う。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題

Aが所有するマンションの1室をその子Bに贈与する場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. AのBに対する贈与契約が口頭でなされた場合に、Aは、Bにマンションの登記を移転した後においても、贈与契約を撤回することができる。
  2. Aは、マンションをBに贈与する旨の契約を書面によって行った場合、特段の事情がなくても贈与契約を撤回することができる。
  3. 贈与がAの死亡により効力が発生するものである場合は、その贈与は、遺言の方式によらなければならない。
  4. Aのローンの返済をBが行うことを条件とすることを明示して贈与がなされた場合において、Bがローンの返済を全くしないときは、Aは、贈与契約を解除することができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題

Aは、その子Bを代理人として、その所有するマンションの1室をCに売却することとした。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. AのBに対する代理権の付与は、書面によらなければ、することができない。
  2. Bが未成年者であっても、Aは、Bを代理人とすることができる。
  3. Aは、Bを代理人とした以上は、自らCと売買交渉をすることができない。
  4. AがBに売買価格を明示して授権したにもかかわらず、Bがその価格を下回る価格で売買契約の締結をした場合、当該売買契約は、効力を生じない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-13 民法(代理) 問題と解説」の続きを読む…