土地区画整理法

WS000003

宅建試験においては、土地区画整理法から1問は
出題がありますが、

結構複雑な法律ですので、あまり深入りせずに、
「仮換地」と「換地処分」等の用語をしっかり押さえて

過去問を中心に知識を広げていく方がいいと思います。
ここでは、基本的な事項のみを 説明しておきます。

「土地区画整理法」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問22 農地法 問題と解説

宅建過去問 H24 問22 農地法 問題

農地法(以下この問において「法」という。) に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 登記簿上の地目が山林となっている土地であっても、現に耕作の目的に供されている場合には、法に規定する農地に該当する。
  2. 法第3条第1項又は第5条第1項の許可が必要な農地の売買について、これらの許可を受けずに売買契約を締結しても、その所有権は移転しない。
  3. 市街化区域内の農地について、あらかじめ農業委員会に届け出てその所有者が自ら駐車場に転用する場合には、法第4条第1項の許可を受ける必要はない。
  4. 砂利採取法による認可を受けた砂利採取計画に従って砂利を採取するために農地を一時的に貸し付ける場合には、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問22 農地法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問20 宅地造成等規制法 問題と解説

宅建過去問 H24 問20 宅地造成等規制法 問題

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。

  1. 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事が完了した場合、造成主は、都道府県知事の検査を受けなければならない。
  2. 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事について許可をする都道府県知事は、当該許可に、工事の施行に伴う災害を防止するために必要な条件を付することができる。
  3. 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内における宅地の所有者、管理者又は占有者に対して、当該宅地又は当該宅地において行われている工事の状況について報告を求めることができる。
  4. 都道府県知事は、関係市町村長の意見を聴いて、宅地造成工事規制区域内で、宅地造成に伴う災害で相当数の居住者その他の者に危害を生ずるものの発生のおそれが大きい一団の造成宅地の区域であって一定の基準に該当するものを、造成宅地防災区域として指定することができる。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問20 宅地造成等規制法 問題と解説」の続きを読む…

高さ制限・斜線制限

WS000001宅建試験においては、本日お話しする
高さ制限(斜線制限)は、出題頻度として
あまり高くありませんが、

ただ、出題者から見れば、問題を作りやすい箇所でもありますので、いつ出題されても冷静に回答できるようにしておいてください。

 

高さに関する制限には、絶対高さ制限、日影規制、斜線制限の3種類があります。
以下、順に見て行きましょう。 「高さ制限・斜線制限」の続きを読む…

道路規定について

WS000000不動産を扱う上で、その不動産が(建築基準法の)道路と 接しているかいないかと言うことは、その不動産に対する 価値が、全く違うものになるため、

宅建試験においても、この道路に関する出題は
多いです。

また実務においても、必ず使う内容ですから、しっかり勉強をお願いします。
「道路規定について」の続きを読む…

建築確認制度

WS000001建築基準法は建築物の集団規定や単体規定をすることで、建築物の安全性維持や周辺地域との調和を図っていますが、これらの規制が確実に実行されるように、建築物の事前確認が必要となります。
この事前審査の制度が、建築確認制度です。

 

ですから、建築主は、以下の一定の建築物を建築しようとする場合には、
工事着工に建築基準法に適合するかどうか、建築主事または指定確認検査機関の
確認を受け、確認済証の交付を受けなければならないとされているのです。

「建築確認制度」の続きを読む…