宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H29-44 借地借家法(定期建物賃貸借) 問題と解説

管理業務主任者の民法過去問も解説して欲しいと言う
ご要望にお答えしまして、宅建でも出題がありそうな問題を中心に解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H29-44 借地借家法(定期建物賃貸借) 問題

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分についてBと定期建物賃貸借契約(以下、本問において「本件契約」という。)を締結する場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 本件契約は、公正証書によってしなければならない。
  2. 本件契約は、期間を1年未満とすることもできる。
  3. 本件契約を締結するに当たり、Aが、あらかじめBに対し、期間満了により当該建物の賃貸借が終了し、契約の更新がないことについて書面を交付して説明しなかった場合には、契約の更新がないこととする旨の本件契約の定めは無効となる。
  4. 本件契約においては、相互に賃料の増減額請求をすることはできない旨の特約は有効である。

「宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H29-44 借地借家法(定期建物賃貸借) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H28-40 借地借家法 問題と解説

管理業務主任者の過去問で、宅建でも出題がありそうな問題を解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H28-40 借地借家法 問題

複合用途型の甲マンションにおいて、Aが区分所有する居住用の専有部分をBに、Cが区分所有する事務所用の専有部分をDに、それぞれが賃貸する契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法、借地借家法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、いずれの賃貸借契約も、定期建物賃貸借契約ではないものとする。  

  1. AB間の賃貸借契約において、一定期間賃料を増額しない旨の特約は有効である。  
  2. AB間で賃貸借契約を締結し、Bが入居した後にAが当該専有部分を第三者であるEに譲渡する場合は、Bの同意を得なければ、賃貸人の地位はEに移転しない。  
  3. AB間の賃貸借契約において、解約の申入れは、Aから解約日の6月前までに、Bからは解約日の1月前までに行えば、相互に正当の事由の有無を問わず解約できる旨の特約は有効である。  
  4. CD間の賃貸借契約には、借地借家法は適用されない。

「宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H28-40 借地借家法 問題と解説」の続きを読む…