高さ制限・斜線制限

WS000001宅建試験においては、本日お話しする
高さ制限(斜線制限)は、出題頻度として
あまり高くありませんが、

ただ、出題者から見れば、問題を作りやすい箇所でもありますので、いつ出題されても冷静に回答できるようにしておいてください。

 

高さに関する制限には、絶対高さ制限、日影規制、斜線制限の3種類があります。
以下、順に見て行きましょう。 「高さ制限・斜線制限」の続きを読む…

道路規定について

WS000000不動産を扱う上で、その不動産が(建築基準法の)道路と 接しているかいないかと言うことは、その不動産に対する 価値が、全く違うものになるため、

宅建試験においても、この道路に関する出題は
多いです。

また実務においても、必ず使う内容ですから、しっかり勉強をお願いします。
「道路規定について」の続きを読む…

建築確認制度

WS000001建築基準法は建築物の集団規定や単体規定をすることで、建築物の安全性維持や周辺地域との調和を図っていますが、これらの規制が確実に実行されるように、建築物の事前確認が必要となります。
この事前審査の制度が、建築確認制度です。

 

ですから、建築主は、以下の一定の建築物を建築しようとする場合には、
工事着工に建築基準法に適合するかどうか、建築主事または指定確認検査機関の
確認を受け、確認済証の交付を受けなければならないとされているのです。

「建築確認制度」の続きを読む…

建築基準法(単体規定、建築協定他)

WS000000宅建試験では、建築基準法から2~3問程度出題されます。

法令制限の分野では、都市計画法に次いで出題数の
多い科目です。

出題の中心は、建築確認、集団規定からで、
少し細かなところまで出題がありますが、
各項目を規制内容を関連付けて勉強していきましょう。 「建築基準法(単体規定、建築協定他)」の続きを読む…