宅建過去問【1990】 平成2年 問3 民法(貸金) 問題と解説

宅建過去問 H2年 問3 民法(貸金) 問題

AのBに対する貸金(返済の時期は定めていない。)に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. AがBに対する貸金債権をCに譲渡した場合、Cは、その旨をBに確定日付のある証書で通知しなければ、第三者に対抗することができない。
  2. Aの貸金債権の消滅時効は、Aの催告の有無にかかわらず、貸し付けたときから起算される。
  3. 返済の場所を定めていない場合において、Aが住所を移転したときは、Bは、Aの新たな住所で返済しなければならない。
  4. Bは、Aにいつでも返済することができるが、Aが返済を請求するには、相当の期間を定めて催告しなければならない。

「宅建過去問【1990】 平成2年 問3 民法(貸金) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1990】 平成2年 問2 民法(損害賠償額の予定) 問題と解説

宅建過去問 H2年 問2 民法(損害賠償額の予定) 問題

債務不履行による損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 金銭債務の不履行については、債権者は、損害の証明をすることなく、損害賠償の請求をすることができる。
  2. 損害賠償額の予定は、契約と同時にしなければならない。
  3. 損害賠償額の予定は、金銭以外のものをもってすることができる。
  4. 損害賠償額の予定をした場合、債権者は、実際の損害額が予定額より大きいことを証明しても予定額を超えて請求することはできない。

「宅建過去問【1990】 平成2年 問2 民法(損害賠償額の予定) 問題と解説」の続きを読む…