宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 法第52条第1項に定める容積率の限度に関して、用途地域の指定のない区域内の建築物に係る容積率の限度は、所定の数値のうちから、特定行政庁が土地利用の状況等を考慮し当該区域を区分して都道府県都市計画審議会の議を経て定められる。
  2. 用途地域以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可について考慮しないものとする場合、神社は工業専用地域に建築することができる。
  3. 法第52条第2項各号の規定により前面道路の幅員のメートルの数値に乗ずる数値が10分の4とされている建築物で、前面道路の境界線から後退して壁面線の指定がある場合において当該壁面線を越えないもの(ひさしその他の建築物の部分で政令で定めるものを除く。)については、当該前面道路の境界線は、当該壁面線にあるものとみなして、同条第2項から第7項まで及び第9項の規定を適用することができる。ただし、建築物の容積率は、当該前面道路の幅員のメートルの数値に10分の6を乗じたもの以下でなければならない。
  4. 工業地域内においては、病院は、建築してはならないが、特定行政庁が公益上やむを得ないと認めて許可した場合に限り建築することができる。
  5. 公園、広場、道路、川その他これらに類するものの内にある建築物で特定行政庁が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可したものについては、建ぺい率について定める法第53条第1項から第4項までの規定は適用されない。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 都市再生特別地区内においては、一定の場合を除き、建築物の容積率及び建ぺい率、建築物の建築面積(同一敷地内に二以上の建築物がある場合においては,それぞれの建築面積)並びに建築物の高さは、都市再生特別地区に関する都市計画において定められた内容に適合するものでなければならない。

ロ. 特定用途誘導地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては,建築審査会の承認を得て、条例で、用途地域に関する法第48条第1項から第12項までの規定による制限を緩和することができる。

ハ. 高度利用地区内においては、敷地内に道路に接して有効な空地が確保されていること等により、特定行政庁が、交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可した建築物については、法第56条第1項第3号の規定による北側斜線制限を適用しない。

ニ. 地区計画等においてその配置及び規模又はその区域が定められた道の相当部分の整備が既に行われており、整備の行われていない道の部分に建築物の建築等が行われることにより整備された道の機能を著しく阻害するおそれがある場合、特定行政庁は、原則として、当該地区計画等の区域において、地区計画等に定められた道の配置及び規模又はその区域に即して、政令で定める基準に従い、予定道路の指定を行うことができる。

ホ. 景観地区内においては、建築物の敷地面積は、景観地区に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められたときは、当該最低限度以上でなければならないが、学校、駅舎、卸売市場その他これらに類する公益上必要な建築物は、この限りでない。

  1. イとハ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 周囲に公園などの広い空地を有し、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した建築物の敷地については、当該敷地と道路が接する長さが2メートル未満であったとしても建築可能である。
  2. 特定行政庁は、土地の状況によりやむを得ない場合においては、道路に関する法第42条第2項の規定にかかわらず、同項に規定する中心線からの水平距離については2メートル未満1.35メートル以上の範囲内において、同項に規定するがけ地等の境界線からの水平距離については4メートル未満2.7メートル以上の範囲内において、別にその水平距離を指定することができる。
  3. 道路内建築制限の規制が及ばない建築物について、地区計画の区域内の自動車のみの交通の用に供する道路又は特定高架道路等の上空又は路面下に設ける建築物のうち、当該地区計画の内容に適合し、かつ、政令で定める基準に適合するものであって特定行政庁が安全上,防火上及び衛生上支障がないと認めるものの建築に当たっては、建築審査会の同意を得る必要はない。
  4. 特定行政庁がその地方の気候若しくは風土の特殊性又は土地の状況により必要と認めて都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域内の道路においては、6メートル以上の幅員が確保されていなければならない。
  5. 特定行政庁は、街区内における建築物の位置を整えその環境の向上を図るために必要があると認める場合においては、建築審査会の同意を得て、壁面線を指定することができる。この場合において、その指定に利害関係を有する者の申請があった際には、公開による意見の聴取を行うことができる。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 床面積の合計が200平方メートルの飲食店をすべて集会場の用途に変更する場合,用途の変更について、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受けなければならない。

ロ. 建築物の除却の工事を施工する者は、建築物を除却しようとする際、当該工事に係る部分の床面積の合計が20平方メートルの場合、建築物を除却しようとする旨を都道府県知事に届け出なければならない。

ハ. 共同住宅で、その床面積の合計が200平方メートルであるものについて大規模の模様替えをしようとする場合,工事に着手する前に、その計画について建築主事又は指定確認検査機関の確認を受けなければならない。

ニ. 防火地域及び準防火地域外において建築物を増築しようとする場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が15平方メートル以内である場合は、建築確認を受けなくてもよい。

ホ. 建築主は、階数が3の共同住宅の工事に2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工程が含まれる場合、当該工程に係る工事を終えるまでに建築主事又は指定確認検査機関に中間検査を申請しなければならない。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ロとニ
  4. ハとニ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 地方公共団体は、条例で、出水による危険の著しい区域を災害危険区域として指定し、区域内における住居の用に供する建築物の建築に関する制限について定めることができる。

ロ. 住宅の居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、採光に有効な部分の面積が居室の床面積の7分の1以上としなければならない。

ハ. 高さ30メートルの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合においても、有効に避雷設備を設けなければならない。

ニ. 高さ30メートルの百貨店には、非常用の昇降機を設けなければならない。

ホ. 文化財保護法の規定により重要文化財として指定された建築物については、建築基準法の規定は適用されない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとハ
  4. ハとニ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法⑤(日影規制)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H14 建築基準法⑤ 問題

建築基準法における日影による中高層の建築物の高さの制限(以下この問において「日影規制」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 日影規制の対象区域は地方公共団体が条例で指定することとされているが、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域又は工業専用地域内においては、日影規制の対象区域として指定することができない。
  2. 地方公共団体が日影時間の制限を条例で指定する場合、地方公共団体がその地方の気候及び風土、当該区域の土地利用の状況等を勘案して建築基準法で指定する日影時間を短縮することはできるが、延長することはできない。
  3. 日影規制の対象となる建築物は、第一種低層住居専用地域又は第二種低層住居専用地域内においては軒の高さが7メートルを超える建築物又は地上階数が3以上の建築物、その他の地域では高さが10メートルを超える建築物である。
  4. 同一敷地内に高さ6メートルの2階建ての建築物と高さ21メートルの7階建ての建築物が立地している敷地の隣接敷地において日影時間を測定する場合、当該隣接敷地における日影時間は、高さ6メートルの2階建ての建築物と高さ21メートルの7階建ての建築物の双方から生じる日影時間を測定することとなる。なお、この場合においていずれの敷地も日影規制の対象区域内にあるものとする。
  5. 日影規制の対象区域外にある高さ9メートルの3階建ての建築物が、冬至日において日影規制の対象区域内にある第一種低層住居専用地域内の土地に日影を生じさせる場合、当該建築物は日影規制の対象区域内にある建築物とみなされ、日影規制の適用を受けることとなる。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法⑤(日影規制)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法④(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H14 建築基準法④ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 法第3章(都市計画区域等における建築物の敷地、構造、建築設備及び用途)の規定が適用されるに至った際現に存する幅員が6メートルの私道は、特定行政庁の指定がなくても、法上の道路となる。

ロ. 法第52条第1項、2項に規定する建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、共同住宅の共用の廊下の用に供する部分の床面積は算入されない。

ハ. 高度地区に関する都市計画において建築物の高さの最高限度が定められている区域内においては、法第56条第1項第1号の規定による道路斜線制限は適用されない。

二. 建築協定を廃止しようとする場合は、建築協定区域内の土地の所有者全員の合意が必要である。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法④(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法③(容積率)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H14 建築基準法③ 問題

建築基準法において、以下の条件を満たす敷地に適用される建築物の容積率の最高限度のうち、正しいものはどれか。

【条件】

  • 用途地域・・・商業地域
  • 上記に掲げる商業地域に関する都市計画において定められた容積率の最高限度・・・800%
  • 建築物の前面道路の幅員・・・12メートル

【問題】

  1. 320%
  2. 480%
  3. 640%
  4. 720%
  5. 800%

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法③(容積率)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法②(建築確認)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H14 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築主事は、建築主の同意を得た場合においては、建築確認を口頭ですることができる。
  2. 床面積の合計が80平方メートルの共同住宅について、新たに増築を行うことにより増築後の建築物の床面積の合計が120平方メートルとなる場合においては、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受けなければならない。
  3. 建築主は、指定確認検査機関に対し建築確認申請をする場合において、建築しようとする建築物が2,000平方メートルを超えるときは、あらかじめ周辺住民の同意を得なければならない。
  4. 型式適合認定を受けた木造3階建ての建築物を建築する場合においては、建築確認の申請をする必要はない。
  5. 国土交通大臣は、特に必要と認める場合においては、申請がなくとも、型式部材等の製造又は新築をする者について、当該型式部材等の製造者としての認証を行うことができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法②(建築確認)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法(建築確認,防火地域)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H14 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 床面積の合計が300平方メートルの自動車車庫の用途を変更してマーケットとする場合においては、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受ける必要はない。
  2. 準防火地域内において建築物を増築しようとする場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が10平方メートル以内である場合においては、建築主事又は指定確認検査機関の確認が必要となることはない。
  3. 建築主は、建築基準法の確認を受けるに当たっては、あらかじめ当該確認に係る建築物の工事施工地又は所在地を管轄する消防長又は消防署長の同意を得なければならない。
  4. 都市計画区域外において、木造以外の建築物で2階建て、延べ面積が100平方メートルの建築物を建築しようとする場合においては、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受ける必要がある。
  5. 建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その全部について準防火地域内の建築物に関する規定が適用される。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 建築基準法(建築確認,防火地域)」の続きを読む…