宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者が自ら売主となる宅地の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所等以外の場所において、買受けの申し込みをした者は、その申込みの撤回を行うことができる旨及びその申込みの撤回を行う場合の方法について告げられた日から起算して5日を経過したときは、その申込みを撤回することができない。
  2. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地の売買契約の締結に際して、代金の10分の2を超える額の手附を受領することができない。
  3. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合においても当該建物の売買契約を締結してはならない。
  4. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備え、従業者の氏名、住所、宅地建物取引士であるか否かの別等の事項を記載しなければならない。
  5. 専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、依頼者に対して、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況を1ヶ月に1回以上報告しなければならない。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-25 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H29-25 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

イ. 専任媒介契約の有効期間は、依頼者又は宅地建物取引業者の申出により、更新することができる。ただし、更新の時から3月を超えることができない。

ロ. 宅地建物取引業者は、自ら売主として宅地又は建物を売却しようとするときは、売買契約成立前に、その相手方に対し、宅地建物取引士をして、代金又は交換差金に関する金銭の貸借のあっせんの内容及び当該あっせんに係る金銭の貸借が成立しないときの措置について、書面を交付して説明をさせなければならない。

ハ. 都道府県知事の免許を受けた者が二以上の都道府県の区域内に事務所を有することとなり、国土交通大臣の免許を受けたとき、従前の都道府県知事の免許は、引き続き有効である。

ニ. 宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、工事に関し必要とされる都市計画法第29条第1項又は第2項の許可、建築基準法第6条第1項の確認その他法令に基づく許可等の一定の処分があった後でなければ、当該工事に係る宅地又は建物につき売買又は交換の媒介をしてはならない。

ホ. 宅地建物取引業者は、本店の事務所に、その業務に関する帳簿を備えなければならないが、支店の事務所には帳簿を備える義務はない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-25 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合であっても、当該工事に係る宅地又は建物の売買その他の業務に関する広告をしてはならない。

ロ. 重要事項の説明を行う宅地建物取引士については、必ずしも専任の宅地建物取引士である必要はない。

ハ. 宅地建物取引業者が自ら売主となる建物の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所において買受けの申込みをした者は、書面により当該買受けの申込みの撤回を行うことができる。

ニ. 宅地建物取引業者は、宅地の売買の媒介契約を締結したときは、宅地建物取引士に、法律で定める事項を記載し記名押印した書面を依頼者に交付させなければならない。

ホ. 宅地建物取引業保証協会に加入しない宅地建物取引業者は,営業保証金を供託し,その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付してその旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出た後でなければ,その事業を開始してはならない。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2002】 平成14年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H14 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、宅地の売買に係る媒介契約が専任媒介契約である場合においては、当該契約当事者間の合意等により指定流通機構に当該宅地の登録をしないことができる。
  2. 宅地建物取引士は、登録を受けていない都道府県知事からは、指示処分を受けることはあっても、事務の禁止を受けることはない。
  3. 一の都道府県知事から宅地建物取引業の免許を受けている者が、他の都道府県内に一団の宅地建物の分譲を行うため事務所ではない案内所を設置した場合には、国土交通大臣に対し免許換えの申請をする必要がある。
  4. 宅地建物取引業者が免許を取り消された場合は、これ以前に締結した宅地建物取引に関する契約は、直ちに効力を失う。
  5. 宅地建物取引士証の有効期間の更新の申請をしようとするときは、都道府県知事の指定する講習を受けなければならない。

「不動産鑑定士 短答式 【2002】 平成14年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2003】 平成15年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H15 宅建業法 問題

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、当該工事に関し必要とされる開発許可等の処分があった後でなければ、当該工事に係る宅地又は建物について売買の広告を行い、売買契約を締結し、又は売買の媒介をしてはならない。ただし、契約の相手方が宅地建物取引業者である場合はこの限りではない。
  2. 宅地建物取引業者は、宅地建物取引業保証協会の社員の地位を失ったときは、当該地位を失った日から1月以内に営業保証金を供託しなければならない。
  3. 宅地建物取引士が法第35条に規定する重要事項の説明を行う際には、必ず説明の相手方に対し宅地建物取引士証を掲示しなければならず、かつ説明の際に交付する書面には宅地建物取引士が記名押印しなければならない。
  4. 宅地建物取引業者は、自ら売主となって宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前に当該工事に係る宅地又は建物を売買する場合に、買主から売買代金の100分の5を超える手付金等を受領しようとするときは、これに先立って手付金等の保全措置を講じなければならない。ただし、手付金等の金額が1,000万円以下であるときはこの限りではない。
  5. 宅地建物取引業者の使用人その他の従業者(以下この問において「使用人等」という。)は、使用人等でなくなった後については、正当な理由がある場合に限り業務上知り得た秘密を他に漏らすことは許されるが、現に使用人等として業務に従事している間は、正当な理由があっても当該秘密を他に漏らすことは許されない。

「不動産鑑定士 短答式 【2003】 平成15年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2004】 平成16年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H16 宅建業法 問題

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、売主が所有権を有していない建物の売買の媒介又は代理ををすることは、法で禁止されている。
  2. 宅地建物取引業者は、工事が完了していない建物について、建築基準法第7条第5項又は第7条の2第5項の検査済証が交付される前に当該建物の売買契約を締結してはならない。
  3. 宅地建物取引業者が、宅地建物の売買の媒介を依頼した者と専任媒介契約を締結する場合、その有効期間は3月を超えてはならないが、当該依頼者の申出により、3月を超えない範囲で、有効期間を更新することができる。
  4. 宅地建物取引業を営もうとする法人について、その役員が刑法第204条(傷害)の罪を犯し罰金の刑に処せられてから3年を経過している場合は、当該法人は法第3条の免許を受けることができる。
  5. 宅地建物取引業者は、自ら売主として、建築工事が完了した建物(代金5,400万円(消費税及び地方消費税を含む))を売却するに当たり、500万円の手付金を受領しようとするときは、法に規定する方法により当該手付金の保全措置を講じなければならない。

「不動産鑑定士 短答式 【2004】 平成16年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2005】 平成17年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H17 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の瑕疵を担保すべき責任に関し、当該責任を負うべき期間について目的物の引渡し日から2年以上となる特約をする場合を除き、民法第570条において準用する同法第566条に規定するものより買主に不利となる特約をしてはならず、買主が宅地建物取引業者である場合も同様である。
  2. 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることができる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによるが、宅地建物取引業者が、取引の相手方の同意を得た場合には、国土交通大臣の定める額をこえて報酬を受けることができる。
  3. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して、代金の額の10分の1をこえる額の手附を受領することができない。
  4. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所等以外の場所において、当該宅地又は建物の売買契約を締結した買主は、当該宅地又は建物の引渡しを受け、かつ、その代金の全額を支払った場合でも、書面により当該売買契約の解除を行うことができる。
  5. 宅地建物取引業者が、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して手附を受領したときは、その手附がいかなる性質のものであっても、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、当該宅地建物取引業者はその手附額の倍額を償還して契約を解除することができる。

「不動産鑑定士 短答式 【2005】 平成17年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2006】 平成18年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H18 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、宅地の売買の媒介の契約をしたときは、一定の事項を記載した書面を作成し、宅地建物取引士をして当該書面に記名押印させ、依頼者に交付しなければならない。
  2. 都道府県知事は、宅地建物取引士としてその登録を受けている者が罰金以上の刑に処せられた場合においては、当該登録を消除しなければならない。
  3. 一の都道府県知事の宅地建物取引士の登録を受けている者が、他の都道府県に所在する宅地建物取引業者の事務所の業務に従事し、又は従事しようとするときは、当該事務所の所在地を管轄する都道府県知事に対し、当該登録を受けている都道府県知事を経由して、登録の移転の申請をしなければならない。
  4. 宅地建物取引士は、宅地建物取引業法第68条第2項の規定による宅地建物取引士としてすべき事務の禁止の処分を受けたときは、速やかに宅地建物取引士証をその交付を受けた都道府県知事に返納しなければならず、当該都道府県知事は、禁止の期間が満了した場合は、直ちに、当該宅地建物取引士証を返還しなければならない。
  5. 都道府県知事は、その登録を受けている宅地建物取引士だけでなく、当該都道府県の区域内でその事務を行う他の都道府県知事の登録を受けている宅地建物取引士に対して、必要があると認めるときは、その業務について必要な報告を求めることができる。

「不動産鑑定士 短答式 【2006】 平成18年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式【2007】 平成19年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者の免許の有効期間が満了した場合、当該宅地建物取引業者が所定の期間内に免許の更新の申請をしていても、その申請についての処分がなされるまでの間は、当該宅地建物取引業者は宅地建物取引業を営むことはできない。
  2. 宅地建物取引業者は、その主たる事務所を移転したためその最寄りの供託所が変更した場合において、金銭と有価証券をもって営業保証金を供託しているときは、遅滞なく、費用を予納して、営業保証金を供託している供託所に対し、移転後の主たる事務所の最寄りの供託所への営業保証金の保管替えを請求しなければならない。
  3. 宅地建物取引士資格試験に合格した者でも、宅地又は建物の取引に関し3年以上の実務経験を有しなければ、当該試験を行った都道府県知事の登録を受けることはできない。
  4. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地の売買契約において、たとえ買主が宅地建物取引業者で、あっても、瑕疵担保責任を一切負わないとの特約をすることは許されない。
  5. 宅地建物取引業者が自ら売主となる建物の売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定めるときは、これらを合算した額が代金の額の10分の2をこえることとなる定めをしてはならず、これに反する特約をした場合、代金の額の10分の2をこえる部分については無効となる。

「不動産鑑定士 短答式【2007】 平成19年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式【2008】 平成20年 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H20 宅建業法 問題

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。) に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 宅地建物取引士は、法第35条に規定する重要事項の説明を行う際、説明の相手方からの請求の有無にかかわらず、必ず宅地建物取引士証を提示しなければならない。
  2. 宅地建物取引業者は、従業者に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはならず、また、従業者は、取引の関係者から請求があったときは、当該証明書を提示しなければならない。
  3. 宅地建物取引業者が法第37条の規定により交付すべき書面を作成したときは、当該書面には宅地建物取引士の記名押印が必要であり、建物の貸借の媒介の場合であっても、これを省略することはできない。
  4. 宅地建物取引業者は、営業保証金を供託し、その旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出た後でなければ、その事業を開始することはできない。
  5. 宅地建物取引業者は、建物の売買に関する注文を受けた場合において、その注文をした者が宅地建物取引業者であるときは、取引態様の別を明示する必要はない。

「不動産鑑定士 短答式【2008】 平成20年 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…