宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-4 地価公示法 問題と解説

不動産鑑定士試験での地価公示法は、宅建士試験とほぼ同レベルですので、
ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H29-4 地価公示法 問題

次の説明は,地価公示法に基づく、地価の公示の手続に関するものである。次のイからニまでの空欄に入る語句として、正しいものの組合せはどれか。

( イ ) は,都市計画法第4条第2項に規定する都市計画区域その他の土地取引が相当程度見込まれる区域内の標準地について、毎年1回、( ロ )の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行って、一定の基準日における当該標準地の単位面積当たりの( ハ )を判定し、これを公示する。

ここでいう( ハ )とは,土地について、自由な取引が行われるとした場合における取引において通常成立すると認められる価格をいい、当該土地に建物等の定着物等がある場合には、これらの定着物等が( ニ )通常成立すると認められる価格をいう。

  1. イ「国土交通大臣」 ロ「1人以上」 ハ「特定の価格」 ニ「存するものとして」
  2. イ「国土交通大臣」 ロ「2人以上」 ハ「特定の価格」 ニ「存しないものとして」
  3. イ「国土交通大臣」 ロ「2人以上」 ハ「正常な価格」 ニ「存するものとして」
  4. イ「土地鑑定委員会」 ロ「2人以上」 ハ「正常な価格」 ニ「存しないものとして」
  5. イ「土地鑑定委員会」 ロ「1人以上」 ハ「正常な価格」 ニ「存するものとして」

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-4 地価公示法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-4 地価公示法 問題と解説

不動産鑑定士試験での地価公示法は、宅建士試験とほぼ同レベルですので、
ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-4 地価公示法 問題

地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地価公示法は,都市及びその周辺の地域等において、標準地を選定し、その正常な価格を公示することにより、一般の土地の取引価格に対して指標を与え、もって適正な土地利用の確保を図ることを目的としている。
  2. 「正常な価格」とは、土地について、自由な取引が行なわれるとした場合におけるその取引において通常成立すると認められる価格をいい、当該土地に建物その他の定着物がある場合には、定着物が存在するものとして、正常な価格を判定する。
  3. 不動産鑑定士が標準地の鑑定評価を行う場合は、近傍類地の取引価格から算定される推定の価格、近傍類地の地代等から算定される推定の価格及び同等の効用を有する土地の造成に要する推定の費用の額を勘案しなければならない。
  4. 土地鑑定委員会は、標準地の正常な価格を判定したときは、標準地の価格の総額のほか、標準地の地積及び形状や利用の現況についても官報で公示しなければならない。
  5. 土地鑑定委員会の命を受けた者若しくは委任を受けた者は、標準地の鑑定評価又は標準地の選定を行うために他人の占有する土地に立ち入って測量又は調査を行う必要があるときは、当該土地の占有者の承諾を得た場合に限り、当該土地に立ち入ることができる。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-4 地価公示法 問題と解説」の続きを読む…