宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-5 国土利用計画法(事後届出) 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。

ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H29-5 国土利用計画法(事後届出) 問題

国土利用計画法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. Aは、一団の土地として、甲地(1,500平方メートル)をBから購入し、さらに、甲地に隣接する乙地(1,000平方メートル)をCから購入した。いずれも市街化区域内に在するものであったとき、Aは法第23条第1項の規定による届出(以下この問において「事後届出」という。)を行う必要があるが、B及びCは事後届出を行う必要がない。
  2. Dは、市街化調整区域内の丙地(6,000平方メートル)をEから購入した。このとき、Dは事後届出を行う必要があるが、Eは事後届出を行う必要がない。
  3. Fは、都市計画区域外の丁地(14,000平方メートル)を相続により取得し、さらに、これをGに売却した。このとき、F及びGは事後届出を行う必要がある。
  4. 都道府県知事は、事後届出に係る土地に関する権利の移転後における利用目的に従った土地利用が土地利用基本計画等に適合せず、当該土地を含む周辺の地域の適正かつ合理的な土地利用を図るために著しい支障があると認めるときは、土地利用審査会の意見を聴いて、土地の利用目的について必要な変更をすべきことを勧告することができる。
  5. 法は、法の規定に違反して、事後届出をしなかった者は、6月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処すると規定している。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H29-5 国土利用計画法(事後届出) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-5 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。

ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-5 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 国土利用計画法第23条の規定による事後届出があった土地売買等の契約の対価の額が、土地に関する権利の相当な価額に照らし、著しく適正を欠くときは、都道府県知事は、当該契約を無効とすることができる。

ロ. 監視区域に所在する15,000平方メートルの土地について土地売買等の契約を締結しようとする場合、当事者は、一定の場合を除き、土地の利用目的等を、市町村の長を経由して、あらかじめ都道府県知事に届け出なければならない。

ハ. 注視区域に所在する15,000平方メートルの土地について土地売買等の契約を締結した場合、当事者は、一定の場合を除き、その契約を締結した日から起算して2週間以内に、土地の利用目的等を、市町村の長を経由して、都道府県知事に届け出なければならない。

ニ. 規制区域に所在する土地について土地売買等の契約締結の許可申請があった場合、都道府県知事は、予定対価の額が、国土利用計画法及び同法施行令で定めるところにより算定した額に照らし、適正を欠くときは、許可してはならない。

ホ. 地方公共団体は、遊休土地を買い取る場合、当該土地の相当な価額を基準とし、当該土地の取得の対価の額及び当該土地の管理に要した費用の額を勘案して算定した価格をもってその価格としなければならない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ハとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-5 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2003】 平成15年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H15 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都道府県知事が規制区域として指定することができる区域は、既に監視区域として指定されている区域内に限られる。
  2. 監視区域に所在する土地について売買契約の届出をしたとき、当該届出に係る予定対価の額が近傍類地の取引価格等を考慮して算定した土地に関する権利の相当な価格に照らし、著しく適性を欠く場合には、都道府県知事から、当該契約の締結を中止すべきことを勧告されることがある。
  3. 所有する土地が遊休土地である旨の通知を受けた者が、当該遊休土地の利用又は処分に関する計画を届け出ない場合には、都道府県知事は当該遊休土地の買取の協議を行う旨をその者に通知する。
  4. 都市計画法第7条1項に規定する市街化調整区域に所在する面積8,000平方メートルの土地の所有権を相続により取得した場合、事後届出を要する。
  5. 監視区域に所在する面積12,000平方メートルの土地の売買契約について事前届出を行い、その届出について都道府県知事から勧告をしない旨の通知を受けていたが、その後監視区域の指定が解除されてから利用目的の変更をしないで、当該届出に係る契約を締結した場合には、改めて事後届出行うことを要する。

「不動産鑑定士 短答式 【2003】 平成15年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2004】 平成16年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H16 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都道府県知事(指定都市においては、指定都市の長)は、事後届出について、勧告の必要がないと認めた時は、遅滞なく、その旨を届出した者に通知しなければならない。
  2. 都市計画法第7条第1項の規定による市街化調整区域内において、面積4,000平方メートルの土地について、土地売買等の契約を締結した場合は、事後届出が必要である。
  3. 監視区域内の土地売買等の契約について、届出を行った者が、届出に係る事項のうち予定対価の額を減額する変更のみを行って、当該契約を締結しようとするときは、改めて届出を行う必要はない。
  4. 事後届出は、土地に関する権利の移転又は設定に関する登記をした日から起算して2週間以内に行わなけれなばならない。
  5. 監視区域内の届出の対象となる土地について、届出をしないで土地売買等の契約を締結した場合、当該契約は無効である。

「不動産鑑定士 短答式 【2004】 平成16年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2005】 平成17年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H17 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 監視区域内の土地の全部又は一部が、規制区域又は注視区域に指定された場合には、当該監視区域の指定が解除され、又は当該一部の区域について監視区域に係る区域の減少があったものとされる。
  2. 規制区域において、面積2,000平方メートル未満の土地について、土地売買等の契約を締結しようとする場合には、都道府県知事の許可は必要ないが、契約締結後に届出を行う必要がある。
  3. 監視区域において、市町村が土地売買等の契約を締結しようとする場合には、当該契約の対象となる土地の面積が都道府県知事が規則で定めた面積以上であるときでも、届出は必要ない。
  4. 注視区域内の土地売買等の契約について、届出を行った者が、届出に係る事項のうち、予定対価の額を増額して契約を締結しようとする場合には改めて届出を行わなければならないが、土地の利用目的を変更して契約を締結しようとする場合には改めて届出を行う必要はない。
  5. 注視区域において、土地売買等の契約を締結しようとする者が都道府県知事から勧告を受けた時、当該勧告について不服がある場合には、土地利用審査会に対して審査請求することができる。

「不動産鑑定士 短答式 【2005】 平成17年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2006】 平成18年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H18 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 注視区域において土地売買等の契約を締結しようとする場合には、当事者は、都道府県知事又は政令指定都市の長(以下この問において「都道府県知事等」という。)の許可を受けなければならない。
  2. 都道府県知事等は、監視区域における土地売買等の契約に係る届出について、土地利用審査会の意見を聴いて、土地売買等の契約の締結の中止を勧告することができる。
  3. 市町村が、市街化区域に所在する面積2,000平方メートルの土地を売買契約により取得した場合、当該土地の譲渡人が国又は地方公共団体である場合に限り、事後届出は不要である。
  4. 都道府県知事等は、事後届出に係る土地の取引価格について勧告を行う場合には、届出があった日から起算して3週間以内にしなければならない。
  5. 都道府県知事等は、事後届出に係る土地の利用目的が土地利用基本計画その他の土地利用に関する計画(公表されているものに限る。)に適合しない場合にのみ、国土利用計画法に基づく助言を行うことができる。

「不動産鑑定士 短答式 【2006】 平成18年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2007】 平成19年② 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19② 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 私人が国との間で、注視区域に所在する土地について土地売買等の契約を締結する場合においては、国土利用計画法の事前届出は不要であるが、事後届出は必要である。
  2. 私人間において、市街化区域内における面積が3,000平方メートルの土地に関して所有権の取得を目的とする権利を有償で移転する契約を締結する場合、国土利用計画法に基づく届出又は許可は不要である。
  3. 都道府県は、土地利用基本計画を定める場合には、あらかじめ、国土交通大臣に協議しならない。
  4. 都道府県知事は、国土利用計画法第23条の事後届出に係る土地の所有者に対しては、当該土地が遊休土地である旨を通知することができない。
  5. 国土利用計画法第23条の事後届出に係る土地の利用目的について、都道府県知事は、当該事後届出をした者に対し勧告をすることができるとともに、同法には、その勧告に従わなかった場合の罰則が規定されている。

「不動産鑑定士 短答式 【2007】 平成19年② 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2007】 平成19年① 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19① 国土利用計画法 問題

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 市町村は、当該市町村の区域について、土地利用基本計画を定めなければならない。
  2. 市町村長(地方自治法第252条の19第1項の指定都市の長を除く。)は、国土利用計画法第23条の土地売買等の契約に係る届出書を受理したときは、遅滞なく、その意見を付して、当該届出書を都道府県知事に送付しなければならない。
  3. 私人間において、都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域に所在する土地について、土地売買等の契約を締結しようとする場合には、当該土地が注視区域に所在する場合にあっては、すべての土地売買等について国土利用計画法の事前届出をしなければならない。
  4. 私人間において、面積が12,000平方メートルの土地の所有権を無償で、移転する契約を締結する場合、国土利用計画法に基づく届出又は許可が必要となる。
  5. 都道府県知事は、監視区域を指定しようとする場合、あらかじめ、土地利用審査会及び関係市町村長の意見を聴くとともに、国土交通大臣に協議し、その同意を得なければならない。

「不動産鑑定士 短答式 【2007】 平成19年① 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2008】 平成20年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H20 国土利用計画法 問題

国土利用計画法(以下この問において「法」 という。) に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。ただし以下の記述のうち「都道府県」又は「都道府県知事」は、指定都市又は指定都市の長を含むものとする。

イ. 法第23条第1項に規定する届出(以下この問において「事後届出」という。)において都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域内に所在する面積3,500平方メートルの土地について、親子間で、売買契約を締結した場合であっても、権利取得者は、都道府県知事に届出をしなければならない。

ロ. 土地取引の規制に関する措置は、土地の投機的取引及び地価の高騰が国民生活に及ぼす弊害を除去し、かつ、適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため、講じられるものとする。

ハ. 都道府県知事は、事後届出において、投機的取引と認められる場合、土地利用審査会の意見を聴いて、その届出に係る土地の利用目的について必要な変更をすべきことを勧告することができる。

ニ. 土地利用審査会の委員は、土地利用、地価その他の土地に関する事項について優れた経験と知識を有し、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる者(一定の欠格事由に該当する者を除く。)のうちから、都道府県知事が、都道府県の議会の同意を得て、任命する。

ホ. 事後届出において、都市計画法第7条第1項に規定する市街化調整区域に所在する面積6,000平方メートルの土地に抵当権を設定した場合、権利取得者は、都道府県知事に届け出なければならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 短答式 【2008】 平成20年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 短答式 【2009】 平成21年 国土利用計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での国土利用計画法は、事前届出も容赦なく訊いてきますので、
そこが宅建士の試験と比べて難易度が高いと思います。
ですから、鑑定士の過去問が解答できるようになれば、
宅建士の国土法は易しく感じると思います。
その意味でも、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H21 国土利用計画法 問題

国土利用計画法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、以下の記述のうち「都道府県」又は「都道府県知事」は、指定都市又は指定都市の長を含むものとする。

  1. 法第23条第1項の規定による届出(以下この問において「事後届出」とする。)があった場合において、都道府県知事は、その届出をした者に対し、その届出に係る土地の利用目的について、当該土地を含む周辺の地域の適正かつ合理的な土地利用を図るために必要な助言をすることができる。
  2. 都市計画法第7条第1項の規定による市街化区域内に所在する面積2,500平方メートルの土地について、私人間で停止条件付きの土地売買等の契約を締結した場合には、権利取得者は、事後届出をしなければならない。
  3. 私人が所有する都市計画法第4条第2項に規定する都市計画区域外に所在する面積50,000平方メートルの土地について、宅地建物取引業者が有償で譲り受ける場合、当該宅地建物取引業者は、事後届出をしなければならない。
  4. 甲市と宅地建物取引業者が土地売買等の契約を締結する場合、甲市と当該土地の所在する都道府県知事が協議し、その協議が成立することをもって、事後届出があったものとみなす。
  5. 事後届出において、都道府県知事は、その届出に係る土地の利用目的について必要な変更をすべきことを勧告した場合において、必要があると認めるときは、その勧告を受けた者に対し、その勧告に基づいて講じた措置について報告をさせることができる。

「不動産鑑定士 短答式 【2009】 平成21年 国土利用計画法 問題と解説」の続きを読む…