宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題

地域地区に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するための地域である。
  2. 第二種住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。
  3. 高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るための地区である。
  4. 高度利用地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るための地区である。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-14 民法(抵当権) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H20-14 民法(抵当権) 問題

Aが甲マンションの101号室を購入するに際してB銀行から融資を受け、AがBのために同室に抵当権を設定しその登記がなされていた場合に関する次の記述のうち、民法及び不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aが101号室をCに売却する場合、Cは、Bの承諾を得ることなく同室の所有権を取得することができる。
  2. AのBに対する債務が消滅した場合、Bの抵当権の登記が抹消されていないときでも、Aは、当該抵当権の消滅を第三者に対抗することができる。
  3. AのBに対する債務について連帯保証をしたDの保証債務は、Bから、AのBに対する債務が消滅した旨の通知がDに到着したときに消滅する。
  4. Aが101号室を第三者に賃貸する場合、Bの承諾がなくてもその賃借権の登記をすることができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-14 民法(抵当権) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-16 民法(担保責任) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H20-16 民法(担保責任) 問題

マンションの取得者の担保責任の追及に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 負担の付かない贈与による501号室の取得者は、同室に権利の瑕疵があった場合において、贈与者がその権利の瑕疵を知らなかったときは、贈与者に対し、担保責任を追及することができない。
  2. 担保権の実行として競売による502号室の取得者は、同室に権利の瑕疵があった場合でも、債務者である同室の前所有者に対し、担保責任を追及することができない。
  3. 強制競売による503号室の取得者は、同室に隠れた瑕疵があった場合でも、同室の前所有者に対し、担保責任を追及することができない。
  4. 遺産分割による504号室の取得者は、同室に隠れた瑕疵があった場合、他の共同相続人に対し、その相続分に応じて、売主と同様の担保責任を追及することができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-16 民法(担保責任) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-15 民法(共有) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H20-15 民法(共有) 問題

A及びその弟Bが、甲マンションの301号室の区分所有権を各1/2の割合で共有している場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。ただし、共有者間及び賃貸借契約において別段の定めはないものとする。

  1. 301号室に水漏れによる被害が発生し、その原因者に対して損害賠償を請求する場合、Aは、その損害賠償金の全額を請求することができない。
  2. 甲マンションの管理者は、A又はBのいずれに対しても、301号室の管理費の全額を請求することができる。
  3. 301号室をA及びBからC及びDが共同で購入した場合、Dは、単独では同室の引渡しを請求することができない。
  4. 301号室を共同賃借人であるE及びFに貸した場合、A及びBは共同で、Eに対し、賃料の全額を請求することができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H20-15 民法(共有) 問題と解説」の続きを読む…