宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題

建築物の容積率の最高限度及び最低限度を都市計画に定めるものとされている地域地区は、都市計画法の規定によれば、次のうちどれか。

  1. 高度地区
  2. 高層住居誘導地区
  3. 特例容積率適用地区
  4. 高度利用地区

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-22 都市計画法(地域地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-21 建築基準法(耐火,準耐火建築物) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-21 建築基準法(耐火,準耐火建築物) 問題

耐火建築物としなくてもよい共同住宅は、建築基準法の規定によれば、次のうちどれか。ただし、地階はないものとする。

  1. 防火地域内にあって、階数が2で延べ面積が400㎡の共同住宅
  2. 準防火地域内にあって、階数が3で延べ面積が1,800㎡の共同住宅
  3. 準防火地域内にあって、階数が3で延べ面積が900㎡の一定の技術的基準に適合している共同住宅
  4. 階数が4で延べ面積が1,200㎡の共同住宅

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-21 建築基準法(耐火,準耐火建築物) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-17 民法(相続) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-17 民法(相続) 問題

区分所有者Aは、甲マンション管理組合(管理者B)に対し、管理費(20万円)を滞納したまま死亡した。Aに、妻C並びにAC間の子D及びEがいる場合の滞納管理費の請求等に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。ただし、C、D及びEはいずれも単純承認をし、また、相続人間における20万円の負担の合意についてBの同意はなかったものとする。

  1. Bは、遺産分割前の場合、C、D又はEのいずれかに対し、20万円を請求することができる。
  2. Bは、相続人間で20万円をCが負担するとの合意がなされた場合でも、Cに対し10万円、D及びEに対し各5万円を請求することができる。
  3. Bは、相続人間で20万円を法定相続分どおり負担するとの合意がなされた場合でも、C、D又はEのいずれかに対し、20万円を請求することができる。
  4. 20万円に係る債権の消滅時効は、遺産分割が行われた時から進行する。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-17 民法(相続) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-14 民法(共有) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-14 民法(共有) 問題

Aは、甲マンションのA所有の301号室の改装工事を内装業者Bに発注し、改装工事の終了後同室をCに売却したところ、当該改装工事に瑕疵があることが判明したため、当該瑕疵についてCからAに苦情があった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、AB間及びAC間には、特約はないものとする。

  1. AのBに対する当該瑕疵の修補請求権は、AC間の売買契約による301号室の所有権の移転に伴ってはCに移転しない。
  2. AのBに対する当該瑕疵の損害賠償請求権は、Bの承諾を得なければ、Aは、Cに譲渡することができない。
  3. AがBに対して請負代金を支払っていない場合は、Aは、AのBに対する当該瑕疵の損害賠償請求権をもって当該請負代金債権と相殺することができない。
  4. 当該瑕疵がAの指示によって生じたものである場合において、Bは、Aの指示が不適当なことを知っていたときでも、瑕疵担保責任を負うことはない。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-14 民法(共有) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-13 民法(不在者の財産管理及び失踪宣告) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H19-13 民法(不在者の財産の管理及び失踪の宣告) 問題

甲マンションの管理組合(管理者A)に対し、管理費を滞納したまま不在者となった区分所有者Bの財産に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. Bが、財産の管理人(以下この問いにおいて「財産管理人」という。)を置かなかったとき、Aは、家庭裁判所に対し、Bの財産管理人の選任を請求することができる。
  2. 家庭裁判所が選任したBの財産管理人は、家庭裁判所の許可を得なければ、滞納管理費をAに支払うことができない。
  3. Bが住所地に戻ってきた場合は、Bの財産管理人が選任されているときでも、Aは、Bに対し、滞納管理費を請求することができる。
  4. Bが失踪宣告を受けた場合は、Aは、Bの包括承継人に対し、滞納管理費を請求することができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H19-13 民法(不在者の財産管理及び失踪宣告) 問題と解説」の続きを読む…