建築確認制度

WS000001建築基準法は建築物の集団規定や単体規定をすることで、建築物の安全性維持や周辺地域との調和を図っていますが、これらの規制が確実に実行されるように、建築物の事前確認が必要となります。
この事前審査の制度が、建築確認制度です。

 

ですから、建築主は、以下の一定の建築物を建築しようとする場合には、
工事着工に建築基準法に適合するかどうか、建築主事または指定確認検査機関の
確認を受け、確認済証の交付を受けなければならないとされているのです。

「建築確認制度」の続きを読む…

建築基準法(単体規定、建築協定他)

WS000000宅建試験では、建築基準法から2~3問程度出題されます。

法令制限の分野では、都市計画法に次いで出題数の
多い科目です。

出題の中心は、建築確認、集団規定からで、
少し細かなところまで出題がありますが、
各項目を規制内容を関連付けて勉強していきましょう。 「建築基準法(単体規定、建築協定他)」の続きを読む…

都市計画法(都市計画区域,準都市計画区域,区域区分,都市施設)

WS000000本日は、都市計画法です。

→都市計画法地域地区、地区計画についてはこちら

都市計画法は、法令の制限の分野において
重要法令の一角をなしています。

都市計画法を勉強するに当たっては、
聞きなれない言葉にごまかせれないで、
イメージをもって、勉強するようにしてください。 「都市計画法(都市計画区域,準都市計画区域,区域区分,都市施設)」の続きを読む…

法令上の制限 イントロ♪

canvasいよいよ本日より「法令上の制限」に入っていきます。

本日はざっと「法令上の制限」とは、どういったものか説明しておきます。

確認しておきますが、法令上の制限と言う法律はありません。

 

土地や建物に関し、規制をしている法律を、
まとめて宅建試験では便宜的に「法令上の制限」と読んでいます。

ちなみに不動産鑑定士試験においては同様に「行政法規」と言っています。 「法令上の制限 イントロ♪」の続きを読む…

宅建業者が受取れる報酬について【売買・交換編】

canvas本日の報酬についてのお話は、
皆さん興味がある内容ではないでしょうか?

試験でも出題頻度が多いですし、当然実務で報酬について
知らないという方は、まずいませんから、
しっかり勉強してください。

既に実務をやっている方は、確認の意味で見てください。

「宅建業者が受取れる報酬について【売買・交換編】」の続きを読む…