抵当権 その1

canvas本日から2回に渡って「抵当権」に
ついてお話します。

抵当権と言う言葉は、聞いたことが
あると思いますが、その仕組みは
かなり複雑です。

司法書士などを受験される予定がある方は
ここは完璧に理解していただきたい所ですが

宅建の場合は、完璧な理解までは必要はありません。
力技で丸暗記でも、構いませんので、 がんばって覚えてください。

「抵当権 その1」の続きを読む…

共有

canvas本日お話しさせていただく、
共有は、試験対策だけでなく、

宅建業の実務でも
頻繁に出てきますから、
しっかり勉強をお願いします。

 

ただ、そんなに難しくありませんから
安心してください。

「共有」の続きを読む…

遺言

canvas遺言については、本やテレビなどで
お馴染みですから、理解も早いと思います。

宅建試験では、単独出題は少ないですが、
難易度は高くありませんので、

以下の内容程度をおさえておけば
十分かと思います。

「遺言」の続きを読む…

時効

canvas時効は、非常にややこしい個所ですが、
宅建の試験においては、本日記載した
内容程度を知っておけば、

十分回答できるレベルの問題ばかりですので、最低限、以下の内容を覚え込んでおいてください。

「時効」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問4 民法(無権代理) 問題と解説

宅建過去問 H24 問4 民法(無権代理) 問題

A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。

  1. Bの無権代理行為をAが追認した場合には、AC間の売買契約は有効となる。
  2. Aの死亡により、BがAの唯一の相続人として相続した場合、Bは、Aの追認拒絶権を相続するので、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができる。
  3. Bの死亡により、AがBの唯一の相続人として相続した場合、AがBの無権代理行為の追認を拒絶しても信義則には反せず、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。
  4. Aの死亡により、BがDとともにAを相続した場合、DがBの無権代理行為を追認しない限り、Bの相続分に相当する部分においても、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問4 民法(無権代理) 問題と解説」の続きを読む…