宅建過去問【2012】 平成24年 問9 民法(不法行為) 問題と解説

宅建過去問 H24 問9 民法(不法行為) 問題

Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため得意先に向かっている途中で交通事故を起こし、歩いていたCに危害を加えた場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. BのCに対する損害賠償義務が消滅時効にかかったとしても、AのCに対する損害賠償義務が当然に消滅するものではない。
  2. Cが即死であった場合には、Cには事故による精神的な損害が発生する余地がないので、AはCの相続人に対して慰謝料についての損害賠償責任を負わない。
  3. Aの使用者責任が認められてCに対して損害を賠償した場合には、AはBに対して求償することができるので、Bに資力があれば、最終的にはAはCに対して賠償した損害額の全額を常にBから回収することができる。
  4. Cが幼児である場合には、被害者側に過失があるときでも過失相殺が考慮されないので、AはCに発生した損害の全額を賠償しなければならない。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問9 民法(不法行為) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2001】 平成13年 問6 民法(各種契約) 問題と解説

宅建過去問 H13 問6 民法(各種契約)問題

契約当事者が死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。
  2. 使用貸借契約において、貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。
  3. 組合契約において、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退する。
  4. 定期贈与契約(定期の給付を目的とする贈与契約)において、贈与者又は受贈者が死亡した場合、定期贈与契約は効力を失う。

「宅建過去問【2001】 平成13年 問6 民法(各種契約) 問題と解説」の続きを読む…

連帯保証

canvas前回は保証債務についてお話しましたが、
本日は、保証債務よりも保証人の責任が重くなる「連帯保証」をお送りします。

連帯保証と言いましても、保証人が
数人いるわけではなく、

主たる債務者と連帯して債務を保証するという意味です。

つまり、主たる債務者と同じくらいの責任を負うわけですね。
日本では、「保証」といえば、ほぼ「連帯保証」を意味します。

では連帯保証とはどういったものか、見ていきましょう。

「連帯保証」の続きを読む…