遺言

canvas遺言については、本やテレビなどで
お馴染みですから、理解も早いと思います。

宅建試験では、単独出題は少ないですが、
難易度は高くありませんので、

以下の内容程度をおさえておけば
十分かと思います。

「遺言」の続きを読む…

時効

canvas時効は、非常にややこしい個所ですが、
宅建の試験においては、本日記載した
内容程度を知っておけば、

十分回答できるレベルの問題ばかりですので、最低限、以下の内容を覚え込んでおいてください。

「時効」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問4 民法(無権代理) 問題と解説

宅建過去問 H24 問4 民法(無権代理) 問題

A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。

  1. Bの無権代理行為をAが追認した場合には、AC間の売買契約は有効となる。
  2. Aの死亡により、BがAの唯一の相続人として相続した場合、Bは、Aの追認拒絶権を相続するので、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができる。
  3. Bの死亡により、AがBの唯一の相続人として相続した場合、AがBの無権代理行為の追認を拒絶しても信義則には反せず、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。
  4. Aの死亡により、BがDとともにAを相続した場合、DがBの無権代理行為を追認しない限り、Bの相続分に相当する部分においても、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問4 民法(無権代理) 問題と解説」の続きを読む…

無権代理

canvas宅建の試験において、無権代理は前回お話した代理権とともに出題が多い箇所です。

代理権の学習を基礎に、無権代理の場合
どのようになるのかを中心に、
しっかり勉強してください。

結構ここは頭を使う箇所ですので、問題を図形化しながら、問題を解くといいと思います。

「無権代理」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問2 民法(代理) 問題と解説

宅建過去問 H24 問2 民法(代理) 問題

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 未成年者が代理人となって締結した契約の効果は、当該行為を行うにつき当該未成年者の法定代理人による同意がなければ、有効に本人に帰属しない。
  2. 法人について即時取得の成否が問題となる場合、当該法人の代表機関が代理人によって取引を行ったのであれば、即時取得の要件である善意・無過失の有無は、当該代理人を基準にして判断される。
  3. 不動産の売買契約に関して、同一人物が売主及び買主の双方の代理人となった場合であっても、売主及び買主の双方があらかじめ承諾をしているときには、当該売買契約の効果は両当事者に有効に帰属する。
  4. 法定代理人は、やむを得ない事由がなくとも、復代理人を選任することができる。

「宅建過去問【2012】 平成24年 問2 民法(代理) 問題と解説」の続きを読む…

代理

canvas宅建の試験において、本日お話しする
代理の箇所は、非常に重要で、
ほぼ出題があると考えておいてください。

代理人は誰のために、法律行為をやっているかを中心に勉強しておいてくださいね。

「代理」の続きを読む…

心裡留保

canvas宅建の試験においては、心裡留保は、
たまーに出題がある個所ですが、

そんなに難しくありませんので、
念のためおさえておいてください。

心裡留保とは、どういったのものなのか?その契約はどうなるのか?

 

第三者が絡んだ場合は、どうななるかを
この程度を勉強しておけば十分です。

「心裡留保」の続きを読む…

宅建過去問【2012】 平成24年 問1 民法(意思表示) 問題と解説

宅建過去問 H24 問1 民法(意思表示) 問題

民法第94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することができない。」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。

  1. Aが所有する甲土地につき、AとBが通謀の上で売買契約を仮装し、AからBに所有権移転登記がなされた場合に、B名義の甲土地を差し押さえたBの債権者C
  2. Aが所有する甲土地につき、AとBの間には債権債務関係がないにもかかわらず、両者が通謀の上でBのために抵当権を設定し、その旨の登記がなされた場合に、Bに対する貸付債権を担保するためにBから転抵当権の設定を受けた債権者C
  3. Aが所有する甲土地につき、AとBが通謀の上で売買契約を仮装し、AからBに所有権移転登記がなされた場合に、Bが甲土地の所有権を有しているものと信じてBに対して金銭を貸し付けたC
  4. AとBが通謀の上で、Aを貸主、Bを借主とする金銭消費貸借契約を仮装した場合に、当該仮装債権をAから譲り受けたC

「宅建過去問【2012】 平成24年 問1 民法(意思表示) 問題と解説」の続きを読む…