不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 建築基準法⑤(防火,準防火地域)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H18 建築基準法⑤ 問題

建築基準法の防火地域又は準防火地域に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 準防火地域内においては、木造建築物は延焼のおそれがあるため、建築してはならない。
  2. 防火地域内にある建築物で、外壁が準耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  3. 防火地域内においては、階数が4以上であり、又は延べ面積が1,500平方メートルを超える建築物は耐火建築物としなければならない。
  4. 建築物が防火地域及び、準防火地域にわたる場合は、その過半が属する地域内の建築物に関する規定を適用する。
  5. 準防火地域内においては、延べ面積が500平方メートルを超え、1,500平方メートル以下の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない。



不動産鑑定士 短答式 H18 建築基準法⑤ 解説

 

1. × 誤り

【問題】

準防火地域内においては、木造建築物は延焼のおそれがあるため、建築してはならない。

【解説】

準防火地域内にある木造建築物等は、その外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造とすれば、いいとなっているため、記述は誤りです。

建築基準法62条2項
準防火地域内にある木造建築物等は、その外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造とし、これに附属する高さ二メートルを超える門又は塀で当該門又は塀が建築物の一階であるとした場合に延焼のおそれのある部分に該当する部分を不燃材料で造り、又はおおわなければならない。

 

2. × 誤り

【問題】

防火地域内にある建築物で、外壁が準耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

【解説】

外壁が準耐火構造では、ダメとなります。

建築基準法65条
防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

 

3. × 誤り

【問題】

防火地域内においては、階数が4以上であり、又は延べ面積が1,500平方メートルを超える建築物は耐火建築物としなければならない。

【解説】

下記の表を参照してください。
防火地域内においては、階数が3以上であり、又は延べ面積が100㎡を超える建築物は耐火建築物としなければなりませんので、記述は誤りとなります。

防火地域内 準防火地域内
耐火建築物のしなければいけない建物 3階以上(地階を含む 4階以上(地階を除く
または、 または
・延面積100㎡超 ・延面積1,500㎡超
準耐火建築物でも構わない建物 その他上記に該当しない建物 地上3階建(地階を除く
または
・延面積500㎡超 1,500㎡以下 

注:500㎡以下の建物で、一定の防火措置を取れば木造にすることもできます。
それ以外は、耐火建築物または準耐火建築物にしなければいけません。

 

4. × 誤り

【問題】

建築物が防火地域及び、準防火地域にわたる場合は、その過半が属する地域内の建築物に関する規定を適用する。

【解説】

規制が厳しい地域の規定が適用されます。
ですから、防火地域と準防火地域であれば、規制は防火地域の方が厳しいため、防火地域に関する規定が適用されます。

建築基準法67条2項
建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その全部について防火地域内の建築物に関する規定を適用する。ただし、建築物が防火地域外において防火壁で区画されている場合においては、その防火壁外の部分については、準防火地域内の建築物に関する規定を適用する。

 

5. 〇 正しい

【問題】

準防火地域内においては、延べ面積が500平方メートルを超え、1,500平方メートル以下の建築物は耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない。

【解説】

肢3の解説で示した表をご覧ください。
記述の通りとなります。

 

以上より、解答はでした。 

どの肢も宅建の試験に出てもおかしくありませんので、しっかり押さえておいてください。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

不動産鑑定士 【建築基準法】 過去問 一覧

不動産鑑定士 建築基準法 過去問 一覧      
平成28年度 問題 ⇒ 単体規定 建築確認 道路,壁面線 地区 混合問題
平成27年度 問題 ⇒ 防火,準防火地域 混合問題 混合問題 混合問題 混合問題
平成26年度 問題 ⇒ 混合問題 単体規定 集団規定 混合問題 集団規定
平成25年度 問題 ⇒ 建築確認 防火,準防火地域 敷地面積の最低限度 高さ制限 集団規定,建築協定
平成24年度 問題 ⇒ 混合問題 単体規定 集団規定 用途制限 混合問題
平成23年度 問題 ⇒ 集団規定 集団規定 混合問題 単体規定 混合問題
平成22年度 問題 ⇒ 単体規定 集団規定 混合問題 容積率,建ぺい率 集団規定
平成21年度 問題 ⇒ 集団規定 道路 容積率の計算 混同問題 防火,準防火地域
平成20年度 問題 ⇒ 集団規定 単体規定 混合問題 集団規定 容積率の計算
平成19年度 問題 ⇒ 混合問題 単体規定 混合問題 集団規定 混合問題 建ぺい率
平成18年度 問題 ⇒ 混合問題 混合問題 用途制限 高さ制限 防火,準防火地域 容積率
平成17年度 問題 ⇒ 建築基準関係規定 混合問題 建ぺい率,容積率計算 混合問題 集団規定
平成16年度 問題 ⇒ 混合問題 混合問題 建築確認 建ぺい率 道路 集団規定
平成15年度 問題 ⇒ 防火,準防火地域 混合問題 混合問題 容積率の計算 集団規定 集団規定
平成14年度 問題 ⇒ 建築確認,防火地域 建築確認 容積率 混合問題 日影規制

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください