道路規定について

WS000000不動産を扱う上で、その不動産が(建築基準法の)道路と 接しているかいないかと言うことは、その不動産に対する 価値が、全く違うものになるため、

宅建試験においても、この道路に関する出題は
多いです。

また実務においても、必ず使う内容ですから、しっかり勉強をお願いします。




1.建築基準法上の道路とは

建築基準法上の道路とは、幅4m以上(豪雪地域等は6m以上)の道路を言います。
ここまででしたら、試験対策上簡単でいいのですが、

幅員4m(6m)に満たない道路は、全国各地に数えきれないほどあるのが現実です。
そこで、建築基準法では、現に建築物が建ち並んでいて、かつ、
特定行政庁が指定した道も道路としてみなしますとしたのです。

これを、建築基準法42条2項に規定がある道路として、「2項道路」と言っています。

但し、この2項道路には条件が付いています。
現在、4m(6m)の幅員には足りていませんが、将来的には、4m(6m)の道路しなさい
と言うことが規定されているのです。

具体的には、以下の図面のようなことを行います。
WS000001

WS000002

将来的に道路となる、灰色の箇所を「セットバック部分」と言われています。

2.接道義務

WS000003建物を建てるためには、その敷地が道路(自動車専用度は除く)に2m以上接していないと、原則、建物は建てることはできません。
これを接道義務と言っています。

なぜかと言いますと、建物が火災を起こした際、道路に接していないと消防車が入ってこれませんし、避難することもままならないからです。

ただ、接道義務を果たしていなくても、周囲に広い空き地があり、消防車も入ってこれる、避難もできると言うような場合、特定行政庁の許可があれば、 例外的に、建物を建てることができる場合があります。

また、地方公共団体は、一定の建築物(特殊建築物等)について、条例によって
接道義務を付加(厳しく)することができます。
逆の緩和(甘く)することはできませんので、注意しておいてください。

関連過去問      
平成18年 問21 平成12年 問24 平成6年 問22 平成4年 問22

本日はここまで!

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください