通謀虚偽表示

canvas宅建の試験においては、通謀虚偽表示は
ほぼ毎年出題される箇所です。

通謀虚偽表示は、どういったのものなのか?
その契約はどうなるのか?

第三者が絡んだ場合は、どうななるかを
中心に勉強して行ってください。




1.相手方と共謀して架空契約をしたらどうなる?

例えばAさんの資産を隠すため、Bさんと話し合って(通謀)
Aさんの土地を売ったと装い、売買契約を行なったとします。

この場合AもBも架空契約だとわかってやっているのですから、
この契約は無効です。
もし登記もBに移っているとしても同じく無効です。

これを通謀虚偽表示と言っています。
通謀虚偽表示は、無効と考えてください。

 

2.通謀虚偽表示が有効となる時

上記例からAさんの土地がBさんとの通謀虚偽表示によって、
登記がBさんに移っているとします。
さらにこのBさんは、この土地をCさんに土地を売って
登記を移転してしまった場合が考えられます。

この場合民法では、CさんがA-B間の通謀虚偽表示を知っていたら、
つまり悪意であれば、Cさんを保護する必要がないので、
通謀虚偽表示の無効を対抗できるとしました。

逆にCさんが全く知らない善意の第三者としたら、
これはCさんを保護する必要がありますし、
Aさんはそもそも周囲に誤解を与える行動を取っているのですから、
AさんをCさんの犠牲にしてまで保護する必要はないことがわかると思います。

よって善意の第三者Cに対しては、通謀虚偽表示の無効を
対抗できないことになります。


なおこの場合、第三者の過失の有無は問いません。
また第三者Cの登記の有無も問いません、ご注意ください。

 

3.複数の第三者が現れた場合

上記例からさらに善意の第三者Cから悪意の第三者Dと
土地の売買契約が成立してしまったらAは通謀虚偽表示の無効を
Dに主張できませんので、注意が必要です。

なぜ悪意のDさんが保護されるのか?
これはDさんを保護しなければ、善意のCさんが損害を受けるためです。

CD間の契約が解除されたら、DさんはCさんに代金を返却するよう
請求するでしょう。
損害があれば賠償請求もするかもしれません。

このように、善意のCさんを守るために仕方なくDさんを保護するのです。

関連過去問      
令和元年 問2 平成30年 問1 平成27年 問2 平成24年 問1
平成23年 問1 平成19年 問1 平成17年 問2 平成16年 問1
平成14年 問1 平成13年 問2 平成12年 問4 平成10年 問7
平成7年 問4 平成6年 問2 平成5年 問3 平成4年 問2
平成3年 問2

本日はここまで!

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください